映画「メッセージ」の感想とあらすじ!ばかうけとコラボも?

もうすぐ公開終了と聞き急いで見に行ってきました、「メッセージ」をネタバレ無しでご紹介します。

前評判もすごく良かったので期待して見に行きましたが、

本当に裏切らない素晴らしいい作品でした!

監督:ドゥニ・ビルヌーブ

主演:エイミー・アダムス

主人公ルイーズは「魔法にかけられて」のチャーミングなヒロイン役のエイミー・アダムスでした。

ゆるふわなお姫様とは打って変わって、知的で憂いのある言語学者をみごとに演じていましたよ!

彼女のこの憂いのある雰囲気が、物語には欠かせない要素だと思いました!

そして、彼女と一緒にミッションに参加する数学者を演じるのは、

映画「アベンジャーズ」の弓の名手・ホークアイでも活躍されている、ジェレミー・レナーでした。

アベンジャーズシリーズでは他のヒーローの陰に隠れて地味めな彼ですが(←失礼)

個人的には好きなんです(*´ω`)

アベンジャーズ・シリーズはこちらでも紹介しています↓

こんにちは、なおっちです。 私は、映画でも小説でも、 いわゆる「クロスオーバー作品」が大好きです。 「物語の世界観がリンク...
こんにちは、なおっちです。 もうすぐ公開されるこのインフィニティー・ウォー。 マーベルのヒーロー達が、ついに集結しますね...

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




あらすじ

突如として地球に現れた、謎の球体型宇宙船。

政府はこの宇宙船にいる知的生命体とのコンタクトに成功したが、意思の疎通が図れない。

政府が聞きたいことは一つ。「何の目的で地球に来たのか?」

そこで白羽の矢が立ったのが言語学者のルイーズと、数学者のチーム。

ルイーズたちは、あの手この手でエイリアンとの意思の疎通を図り

ついに、彼らの言語を解読することに成功した。

彼らは何の目的で地球に来たのか?

彼らのくれたメッセージとは・・・?

感想

この物語に出てくる宇宙船、あまりアクティブに動きません。

宇宙空間にも飛び出さない、激しい戦闘シーンもないので、

全体的に静かなSFだったな~という印象が残ります。

でも、ラストへ向かうにつれ、非常に良い緊迫感があります。

エイリアンが出てきますが、

あの映画「エイリアン」のような恐ろしい生き物ではないので、

心臓にも優しいかと思われます・(笑) ※個人差あり

私は、最後に「あ~!」と謎が明らかになる映画が好きなんですが、

(衝撃のラスト!みたいなやつ)

この映画もラストで、「あること」が明らかになっていきます。

その引き込み方が秀逸だったと思います。

以下、映画鑑賞中ラストへ向かうなおっちの心境。

ん?もしや・・・?

全然、気が付かなかったけどそういうことか~

え、ということは・・・

えー・・切なすぎる(;O;)

ラスト、私だったらどうするか・・・しばらく考えましたが、私も主人公ルイーズと同じ選択をしたでしょう。。。切ないけど。

何回「切ない」言うとんねん!って感じですが(;^ω^)

それくらい、私が見た中で、THE・切ない映画でした。

後味は、受け取り手の解釈にも大きく左右されると思いますが・・・。

私は、観終わった後、じわ~と心が温まりました。

どんなときに観たいか考えてみた。

①静かに感動したいとき

②母の愛を感じたいとき

③宇宙の無限な可能性を感じたいとき

まず、SF好きな人は見て間違いない作品じゃないでしょうか。

私は一人でじっくり観たほうが、浸れるので好きですが、

大人っぽい映画なので、ご夫婦やパートナーと一緒に見ても良いかもしれませんね。

「今、この人と一緒にいることを大切にしよう」って思えるかも?

あの「ばかうけ」とコラボ

謎の物体のビジュアルが日本の銘菓「ばかうけ」にそっくりだと話題になっていましたw

メッセージ [DVD]

もう、ばかうけにしか見えない

ツイッターなどでそれが話題になっていたのが監督の知るところとなり、

「宇宙船のデザインは“ばかうけ”に影響を受けた。」

などというリップサービスをしてくれたのだとかw

当のばかうけ製造元、栗山米菓の社長さんは、

噂を受けてビジュアルをみたところ、

「ばかうけにしか見えない・・・」となり、

運命的なもの感じたそうですよ!

そして、ついにコラボの運びとなったわけですね~♪

しかし、映画の雰囲気とは全然ちがう日本のお菓子と

あっさりコラボしてくれちゃって・・・w

大人の遊び心、めっちゃ面白くてイイですよね!

これはもう、ばかうけ片手に映画みるしかないwですね(^^)/

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




レクタングル大




リンクユニット




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする