実はすごい効果効能がいっぱい!ペパーミントティーの美味しい入れ方。

ちょっとお茶でもいれて休憩しようかってとき。

今の季節におすすめなのがペパーミントティーです。

ペパーミントと言えば、様々な製品の香り付けとして使われているので、

ハーブに馴染みのない方でもご存じな香りですよね。

実は私はハーブティーは苦手だったのですが、いつの間にかハマってしまいました。

飲み終えたときのサッパリ感は、他のお茶とはやはり少し違います。

かといって、歯磨き粉を飲んでいるような感じでもなく。私はそんなイメージから飲まず嫌いしてたんですよね~(;^ω^)

もったいない(笑)

ハマったきっかけは、アロマテラピーのサロンでペパーミントティーを出されたことからです。

爽やかだけど、ちゃんとお茶のほっこり感もある。

そんなペパーミントティーに目から鱗でした!

そのサロン1件だけではなく、次に講座を受けに行った別のサロンでもペパーミントティーだったんですよね。

サロンの方は恐らく効果効能も知ってるからペパーミントティーを選ぶんだろうな~と、後になって思いました。

気になる効果効能をまとめてみましたよ!

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




効果・効能

・胃腸のトラブル改善

・げっぷの出が良くなる

・食べ過ぎたときの消化促進

・鎮静・鎮痛作用作用

・抗菌作用・抗炎症作用

・利尿作用

・口臭予防

どんな時に飲むか?

・不安やイライラ鎮静したいときに。

・緊張を和らげたいときに。

・リフレッシュしたいときに。

・集中力がほしいときに。

・片頭痛時や生理痛のときに。

・乗り物酔いなど吐き気がするときに。

・二日酔いのときに。

きっとペパーミントティーを出されたサロンの方たちは、

「リラックス」「リフレッシュ」してくださいね♪という気持ちを込められていたのではないかな?(^^)

それにしても、嬉しい効果がたくさんですよね。

しかも美味しいんですよね~♪

これは、飲まなきゃ損すると思ってしまいます。

お次は美味しい入れ方のご紹介。

ペパーミントティーの入れ方

①やかんでお湯を沸かす。

②ティーポットに茶葉を入れる。

大体、一人分でティースプーン1~2杯。

③お湯が沸騰したら、すぐティーポットにそそぐ。

茶葉がティースプーン山盛り1杯に対し、150~180ccぐらい。

④蓋をして3分以上蒸らす。

ホントはティーポットとカップを温めて~・・・とかしたほうが正しいのでしょうけど、

ものぐさな私はいつも適当に入れてます(;^ω^)

それでも上記のことは最低限守っていれると美味しいので、ぜひ試してみてくださいね。

茶葉とお湯の分量、蒸らし時間は好みで加減してください。

私は普通のティースプーン2杯ぐらいに対し、450ccのティーポット満タンにお湯入れてます。

蒸らし時間も、うっかり10分以上経過することもありますが、

濃すぎたらお湯を足せば問題ありません。

もしくはそのまま氷をいれてアイスティーにしてしまうときもあります。

アイスは爽快感が増すので、真夏の水分補給におすすめです。

注意点として、

ペパーミントは比較的安全なハーブとされているようで、摂取量の注意は無いみたいですが、

妊娠中・産後間もない方や、3歳未満のお子様は避けたほうが良いみたいですね。

母乳が出が悪くなること、子供へは刺激が強いことなどが理由のようです。

以上、ペパーミントティーの効果効能と入れ方のご紹介でした!

ご参考になれば幸いです。

なおっちでした☆

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




レクタングル大




リンクユニット




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする