アロマで作る、良い香りの虫除けスプレーの作り方。

蚊が飛び回るこの季節。

アウトドアやガーデニングの時に欠かせないのが虫除けですよね。

特に夏の朝や夕方、

虫除けせずに庭にいようものならあっという間に蚊の餌食に・・・。

昨日も油断していたら、奴らに腕を数か所やられていました(泣)

痒いし、見た目もぷっくり腫れてブサイクだし、

できれば回避したいところですよね。

そんな、夏に欠かせない蚊除けのスプレー。

今年はアロマで手作りしてみよう!と思いたちました。

最近は「天然精油入り」の既製品も見かけるようになって、

買えば済むっちゃあ済むんですが・・・。

アロマを勉強している身としては、ここはひとつ、手作りしたいところです!

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




どんな香りを選ぶのか。

アロマテラピーで使用するオイルのことを「精油」もしくは「エッセンシャルオイル」と言います。

植物から抽出した、有効成分がふくまれている芳香物質です。

雑貨屋さんなんかで「アロマオイル」とか「ポプリオイル」とか表記されているものなどは、

こういった天然の有効成分のみで構成されていないので、アロマテラピーでは使用しないでくださいね。

さてさて、その有効成分ですが、

なかには昆虫が嫌いなニオイの成分がたくさん含まれているものもあるのです。

その成分をす利用することにより、蚊・ダニ・ノミなどを遠ざけてくれるってわけなんですね!

どんな成分かというと、

・シトラール

・シトロネラール

・シトロネロール

などの成分です。

これらの成分の含有量が多いものが蚊除けには適しているということなんですね。

じゃあ、どんな精油にこの成分が多いか?と言えば、

・レモンユーカリ(ユーカリ・シトリオドラ)

・シトロネラ

・レモングラス

・ゼラニウム

などが、含有量が多いみたいです。

上から3つはレモン系の香りですね。

なので、仕上がりは柑橘っぽいサッパリ系のものになりそうです。

さっそく作成!そのレシピは・・・

私は色んなアロマ関連の本を持っているのですが、

どの本にもだいたい「虫除けスプレー」のレシピが載っております。

その位、アロマテラピー界ではポピュラーな使用法なんですね!

(なのに1度も作っていないという・汗)

そのレシピを見比べてみると、

大体、上記の精油の中の2~3種類で作成されていました。

特に、シトロネラ・レモンユーカリ・レモングラスは蚊除け効果が高いようで、

どのレシピもここからまず2種類をブレンドしていましたよ!

ラベンダーやゼラニウムで香りに変化をつけているレシピもありました。

これらを参考にしつつ、自分専用の虫除けスプレーを作成!

アロマの基本は「自分の好きな香り」を使うこと。

これを念頭に、ブレンドを開始しましたよ。

ボディに噴霧するので、精油の濃度は1~2%になるようにしました。

<準備するもの>

・遮光性のガラスのスプレー容器・・・30mlのもの

・無水エタノール・・・5~10ml

・精製水・・・20~25ml

・精油・・・6~12滴

作り方はいたって簡単。

①容器に無水エタノールを入れ、精油を入れる。

②軽く振って混ぜる。

③精製水を入れて、出来上がり。

3ステップで出来上がります。

不器用さんでも、失敗しません。失敗することのほうが難しいのでは(;^ω^)

さてさて、肝心の精油のブレンドですが

レモンユーカリ・・・5滴

レモングラス・・・7滴

夏の蒸し暑い時によさそうな、サッパリ爽やかな香りになりました。

最初は半々でブレンドしましたが、レモングラスを多めにすることで、

より香りが引き締まるように感じました。

うーん、夏気分を盛り上げてくれそうな香りです。

サッパリしているので、男性が使うのにも抵抗が少なそう。

このブレンドを基本に、

もう少し穏やかでフローラルな香りがほしい時はラベンダーを1滴。

香りに甘さがほしい時はゼラニウムを1滴。

これも良い香りでおすすめのブレンドです。

できるだけ冷暗所で保存し、できれば1カ月以内で使い切るようにしてくださいね。

効果は香りが消えるとなくなります。

1~2時間おきにスプレーするのが良いみたいですよ!

注意事項

・3歳未満のお子様には使用しないでください。
・3歳以上のお子様でも、精油の使用は基準の半分以下とし、十分注意してください。
・お年寄りや既往症のある方は基準の半分以下で試してみてからにしてください。
・妊娠中の方はこのレシピにあるラベンダーは使用しないようにしてください。
・皮膚の弱い方の使用はパッチテストを行ってから使用してください。
・ペットがいる方は、ペットがいるところでは使わないようにして下さい。
・お肌に合わないときは使用を中止してください。
・できるだけ冷暗所で保存し、できれば1カ月以内で使い切るようにしてください。
・アロマクラフトは自己責任のもとで行ってください。

夏の虫除け対策の一つに、チャレンジしみてはいかがでしょうか。

参考になれば幸いです。

なおっちでした☆

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




レクタングル大




リンクユニット




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする