夏のキャンプ、アラフォーのアウトドアファッション。持っていくべきアイテムとか!

最近はキャンプと言っても、快適なロッジやバンガローなどがあったり、

グランピングなど優雅に楽しむスタイルがクローズアップされていますね。

そういったバカンス要素が強いキャンプは、

服装もおシャレ雑誌さながらのマキシドレスにサンダルで快適に過ごせそうですが・・・

問題は、「テントを張って、日中も外で過ごし、テントで寝る」という、

がっつり昔ながらのキャンプの場合です。

どんなものを持っていけば良いの?

何を着ていったらいいの?

と、普段アウトドア派でなければ余計に悩みますよね。

ですがこの服装・持ち物は適当にしてしまうと、

不便な思いをして、楽しめないことになるかもしれません。

私は先日、この「がっつりキャンプ」に相方さんと行ってきました。

悩んで決めた服装は、我ながらなかなか正解だったので、

実体験からの感想を交えてご紹介してみますね!

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




トップス

炎天下でテントを張ったり荷物を運んだり、汗だくになることが予想されます。

なのでトップスはTシャツで、

乾きやすい素材のものが良いです。

(ルナー・ベリー) Lunar Berry Vネック 襟付き カットソー 半袖 長袖 スリム Tシャツ レディース トップス ストレッチ 素材 ポロシャツ ロンT スエット シンプル 無地 デザイン 上品 コットン ベーシック 美ライン 細見え 着やせ (M, 赤_半袖)

襟付きだと、うなじの日よけにもなるしいいですよ!

1泊2日で行くにしても、最低3枚は欲しいところ。

私はスポーツ用の薄いジャージ素材のTシャツを着ていきましたが、汗だくでもサラサラと快適でした!

色や形も、あんまりスポーツっぽくないおしゃれなものがたくさんあるので、

大型スポーツ店等で探して見てくださいね!

色は黒や茶色など濃い暗いものより、明るい色が爽やかに見えます。

明るい色をおすすめするのには、もう一つ理由がありまして・・・。

私たちはテント設営中に、1匹のスズメバチに遭遇しました。

スズメバチは黒いものを攻撃してくる習性があるらしいのです。

その時私が着ていたのは白のTシャツ

相方さんは白に近いベージュのポロシャツ。

速やかにその場を離れましたが、事なきを得ました。

・・・怖かった!( ;∀;)

そんなこともあるので、黒は着ないほうが良いかもしれません。

ボトムス

ショートパンツにレギンスの、山ガールスタイルが一番いいと思います。

セレクティア(SELECTIA)レディース レギンス パンツ 腰巻風チェック柄 スカート付き 重ね着 ロング カラー レギパン ボトムスファション ギンガムチェック (赤黒 )

こんな感じのスタイルも可愛いですね!

私は「しまむら」で安いデニムのショートパンツを買い、レギンスと合わせて履きました。

見た目もカワイイですし、なにより動きやすい。

素材を選べば通気性もあって、長ズボンより涼しいです。

ショートパンツのみのほうが涼しそうに感じますが、日差しが直接肌に当たるので逆に暑いです。

アラフォーだし、ショートパンツは抵抗が・・・というあなた。

山ガールはそんなの関係ありません(笑)

むしろ、こんな時しか穿けません!ガンガン穿きましょう!

長ズボンにするなら、ストレッチの効いた素材のもの一択です。

ストレッチの効いていない長いデニムパンツは厚くて動きにくくて最悪になります。

今流行りのテロテロ素材のスカンツなども、やめといたほうが良いです。

動きにくいし、虫が入ってくるという恐ろしいことになりかねません。

ロングスカートもしかりです。

私は寝間着がわりにテロテロ素材のロング丈スカンツを持っていきました。

朝食時だけその格好で過ごしましたが、

野外なので普通に椅子に座っても、裾が下に付いて汚れてしまいます。

非常に動き辛かったです。

寝間着代わりは、普通にジャージの長ズボンにすればよかったと思いました。

それでは色気が足りないんですけどね(笑)

素敵なマキシスカート系は、ゆったりグランピングキャンプの時だけにしておきましょう。

スポンサーリンク

靴について

こちらも、動きやすさ重視でスニーカーが良いです。

[コンバース] スニーカー CX-Pro ネイビー US US7.5(26 cm)

オートキャンプ場など、下がコンクリと芝生の綺麗な場所ならサンダルばきでも問題ないかもしれませんが、

一般的なキャンプ場はそんなにきれいに舗装されていません。

ぬかるみもあるし、小石もごろごろしています。

アリなどの虫も、夏場は活発です!

やはりスニーカーのほうが安心して動けます。

私は、汚れても良いように2千円ほどのローカットのスニーカーを買いました。

相方さんはビーチサンダルでしたが、「スニーカーにすれば良かった」とつぶやいていましたよ。

川遊びなどの予定がある場合も、ビーチサンダルは荷物として持っていくことにして、

キャンプ設営中などはスニーカーをはくのが良いと思います。

ハイカットよりも、脱いだり履いたりしやすいローカットスニーカー

だんぜんオススメです!

帽子

夏の屋外の作業に、帽子は必須!ないと自殺行為です。

キャップでも良いんですが、おすすめは麦わら帽子です。

サンバイザー uvカット 帽子 レディース ストロー ハット 大きいサイズ 夏 つば広 折りたたみ 麦わら かわいい リボン 日よけ 女優帽 婦人帽子 紫外線対策 ゴルフ 自転車 57 58 59 60CM カーキ

麦わら帽子は通気性がよくて、蒸れずに快適でした~。

ツバの広いタイプであれば、顔の日焼け対策にもなります。

ファッション性のあるカワイイ麦わら帽子は、

帽子屋さんや雑貨屋さんにたくさん並んでいますので、お気に入りを探して見てくださいネ!

私はツバ広のリボン付き青い麦わら帽子を選びました。

キャップよりも大人可愛さがあって、しかも快適な麦わら帽子。

一石二鳥だと思います。

寒さ対策のはおりもの

こちらは夜と明け方にず必要になります。

真夏でも持って行ったほうが良いです。

Seeya ラッシュガード レディース UVカット パーカー 水陸両用 迷彩10色 長袖 旅行・海・プール・キャンプ UV対策 日焼け防止 (B)

私が今回行ったとき、7月ですが日中の最高気温は35度と真夏並み。

星空がすばらしいと有名なところだったので、夜は芝生に寝転んで天体観測をしていました。

途中から肌寒くなり、長袖無しでは心もとなくなりました

そして就寝後、テントで寝ていると寒さで何度か目が覚めてしまうほどでした。

日中がどんなに暑くても、昼のままの服装では寒くなってしまいますので、

寒さ対策に、長袖は1つ持っていくのがベターです。

おすすめはタオル素材のパーカーです。

ビーチ遊びのサンガードとして売っているものがあると思います。

日中は日焼け対策として羽織ることもできますし、

適度に涼しく温かさもあり、吸水性もあるので

夏の体温調整のはおりものにはピッタリだと思います。

おすすめの服装まとめ

・乾きが早いTシャツ

・ショートパンツ&レギンス

・ローカットのスニーカー

・麦わら帽子

・寒さ対策のはおりもの

7月のキャンプで、私が実際に快適に過ごせた恰好です。

色や形を自分の好みにしてみてくださいね。

大人可愛さも楽しめる、キャンプスタイルだと思います!

バッグに必携のもの。

FREETOO ウエストバッグ 多機能ウエストポーチ ヒップバッグ iPhone 7 Plus/6S Plus/デジカメ/ペット ボトル等収納可能 軽量 5ポケット アウトドアに最適 ブラック メンズ レディース

・ウエストポーチなど、手ぶらになれるバッグ

・日焼け止めクリーム

・虫除けスプレー

・ティッシュ

・タオルハンカチ

・扇子

別の大きめのトートバックに、着替えやタオル・洗面道具を入れていくと想定した場合です。

テントを設営したあとは、そのまま周りを観光したり、野外のアクティビティを楽しむと思います。

その時に手ぶらになれるバッグのほうが、写真撮影などがしやすいです。

特に、日焼け止めと虫除けスプレーは忘れずに持って行ってください!

夏のキャンプはこの2つを忘れると大変後悔することになります。

虫さされの薬も、持ち歩きじゃなくてもよいので準備しておいたほうが良いでしょう。

そして、野外はトイレはあってもペーパーが無い場合があります。

少し多めにポケットティッシュは用意していたほうがいいかもしれません。

汗をたくさんかくので、普通のハンカチよりもタオルハンカチのほうが便利です。

そして、無くても良いのですが、扇子はあればけっこう助かります。

うちわでも良いですが、持ち歩きを考えればコンパクトな扇子が便利ですよ!

さらにテントに置いておいて良いのですが、

虫が苦手な人は、虫を凍らせるタイプの殺虫剤があるとテント内でも使えて便利です。

夏は虫との遭遇は避けられませんので・・・。

以上、夏のキャンプのおすすめの服装のご紹介でした!

しっかり対策をして、夏のキャンプを楽しんでくださいね!

ここまでお読みいただきありがとうございました(^^)/

虫除けスプレーはアロマでも手作りできます☆↓

蚊が飛び回るこの季節。 アウトドアやガーデニングの時に欠かせないのが虫除けですよね。 特に夏の朝や夕方、 虫除けせずに庭に...

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




レクタングル大




リンクユニット




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする