しつこい怒りが消えないとき、試してみてほしい方法

思い出してはイライラ。

寝ようと思ってもなかなか寝付けない。

怒りを抱えた状態が

なかなか収まらない・・・

辛いですよね。

そんな時に試してほしい行動と、おすすめ書籍を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




身体を動かす

身体を動かすことなら何でもよいですが、

思い立ったらすぐできることが手軽でよいです。

ウォーキング、ジョギングや、ヨガ。

ストレッチ体操をするだけでもリフレッシュになります。

身体の感覚に集中してみましょう。

夜も眠りにつけないときは、身体を少し動かすことによって

疲れて眠りやすくなりますよ。

ノートに書きだす

後から読み返せないほどの

殴り書きでも構いません。

言いたくても言えなかったこと、

腹がたったこと、

相手への罵倒、

ムカつく出来事。

どんな気持ちなのか。

感情の赴くままにペンを走らせてみましょう。

大声で叫ぶ

車はお持ちですか?

もしあるなら、ラッキーです。

走らせながらだったら、周りの目の気になりません。

思いっきり叫んでみましょう!

「バカヤロー!」

「むかつくんだよー!!」

お腹の底から声を出してみてください。

車をお持ちでない人は、

クッションに顔を押し付け、

布団をかぶって叫べばセーフかもしれません。

くれぐれも近所迷惑になりませんように!

人に話す

人に話すことで気持ちが落ち着くかもしれません。

できれば、よけいなアドバイスなど無しに、

聞き役に回ってくれる人がいいですね。

信頼できるひとに、気持ちを聴いてもらいましょう。

ただ、相手にも都合があります。

夜中にいきなり電話して、

1時間も2時間もひたすら愚痴る・・・

そんな行動は止めましょうね。

どうして怒りが消えないか

こちらの本を一度読んでみて欲しいです。

あなたは、近しい人に自分の意見を言えていますか?

嫌われたり、怒られるのが怖くて、

自分の気持ちを引っ込めていませんか?

怒りがなかなか消えないのは、

そんな我慢が積もっているのが原因かもしれません。

勇気を出して、

言葉にして、

言いたかったことを言ってみましょう。

相手がどういう反応をしても、

言えたら自分が誇らしい気がしませんか?

でも最初は、怖いですよね。

分かります。

私も、怖いです。

だから、ここにも同じように

言えなくて四苦八苦している人間がいるって思い出してみてください。

あなたは一人じゃありません。

同じような人間がここにいますよ!(笑)

100%じゃなくてもよいので、

少しづつ意見を引っ込めないことを意識してみてください。

一緒に勇気出してみませんか?

ご参考になれば幸いです。

なおっちでした☆

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




レクタングル大




リンクユニット




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする