ホホバオイルの使い方!アラフォーにうれしい効果効能、その魅力とは?

乾燥が激しい冬の季節になってきましたね。

ちりめんシワも心なしか目立つ・・・(泣)

そんな私たちの心強い味方がホホバオイルです。

皆さんも、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

今回はそんなホホバオイルの魅力について、

お伝えしようと思います!

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




そもそもホホバオイルって?

「ホホバの木」という植物からとれる液体のロウです。

なのでオイルと表記されますが、

正しくは「植物性のワックス」に含まれるんですね。

降水量が極端に少ない砂漠地帯の過酷な環境で育つため、

・水分の蒸発を防ぐ保湿力

・細菌類にする抵抗力

・酸化しにくい安定性

などが、あるということです。

なるほど、お肌に良さそうです!

ホホバオイルの種類

精製されたものと、未精製のものがあります。

オススメは未精製のもの。

精製されたものは無色透明ですが、

未精製のものは黄色っぽい色をしていて、

ゴールデンホホバオイルなどの名称で販売されています。

「未精製」は保湿効果のみならず、肌にとって良い栄養素もそのままはいっているので、

美容効果を狙うなら「未精製」のものがおすすめです。

ごはんでいうと、玄米みたいなもんでしょうかね(^ω^)

ホホバオイルは何に効果がある?

・肌荒れ

・ニキビ・吹き出物

・エイジングケア

・痒み

・ヘアケア

人間の皮脂に近い成分が30%ほど含まれているため、

合わない皮膚がほとんどないと言われるほど。

刺激が少なく浸透力も高いので、

敏感肌の人はもちろん、ベビーマッサージにも使えるようです。

どんな方も安心して使えそうです!

ホホバの魅力♡

私が保湿ケアをホホバオイルに切り替えて数カ月たちますが、

その魅力は何といっても保湿力の高さだと思います!!

私は毎年、冬になる乾燥による痒みで、

特に足や腰あたりをよく搔きむしるので保湿が必須なんですが、

ホホバを使い出してから、そんな痒みがほとんど無いんです。

10年前の皮膚より、潤っているかも(笑)

「未精製」のものを選んだのですが、

なんとなく毛穴がふっくらしてきたような?

それに、吹き出物ができにくくなりました。

お肌が少しなめらかになった感じです。

ホホバオイルのもう一つの魅力は、オイルにありがちな「酸化」もしにくいので、

ゆっくり焦らず使えるということです。

酸化が早いと、使いきれずに破棄する・・・なんてことになるので、

そういった面で、コスパも上々です!

私の使用方法ご紹介

顔、身体、ヘアケアと、色々使ってます。

まず、洗顔後は、化粧水のあとに「1~2滴」を顔に伸ばします。

特に乾燥が気になる目じりには丁寧に塗り込みます。

マッサージするように、くるくると軽く滑らせると、

浸透して潤います。

ボディへは、お風呂上りに全身くまなく伸ばします。

ちょっと水滴が残ったお肌のほうが、伸びが良い気がします。

こちらも、マッサージしつつ、滑らせます。

ホホバオイル30mlに、精油を1~2滴入れた、

ボディ用トリートメントオイルを作っておくのもオススメ!

オイル自体はほぼ香りが無いので、

どんな香りを入れても大丈夫です。

ヘアケアとしては、洗髪後しっかりと乾かした後で、

毛先を中心になじませます。

こちらも、好きな香りの精油を入れたヘア用オイルを作っておくと

乾燥が気になる時、さっと使えてべ便利です。

ただ、あまりたくさん使用しない事。

使い過ぎると、べたっとしてちょっと不潔に見えてしまいます。

少量から使ってみてくださいね!

ホホバオイルの特徴として、低温になると固まりますので、

真冬は湯煎をすれば使えるようになります。

ホホバで潤いキープ!

いかがでしたか?

乾燥肌対策のみならず、エイジングケアにも効果ありなホホバオイル。

「オイルはベタベタしそう」という方にも、

潤いは残すけど、べたつかない使用感のホホバオイルはオススメです。

ぜひ一度使ってみてくださいね。

手放せなくなるかもしれませんよ!

ご参考になれば幸いです。

なおっちでした☆

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




レクタングル大




リンクユニット




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする