羽生結弦選手に学ぶ「メンタルの強さ」の秘訣って?オーサーコーチの教えとは?

こんにちは、なおっちです。

平昌オリンピック、羽生結弦選手のショートの演技は圧倒的な素晴らしさでしたね

昨年のケガからの大会欠場、

今回金メダル取れたら66年ぶりの連覇!!というプレッシャーのなかで、

圧巻の演技を魅せてくれました!

2/16興奮冷めやらぬまま、書いてます♡

明日は一体どうなるのでしょう?楽しみですね!

2/17追記:祝・金メダルーーーー!!!

宇野昌磨選手も銀メダルーーー(^o^)/!!

やったーーーー!!

日本人として、素直に嬉しいです(;O;)

追記おわり。

続きをどうぞ(笑)↓

私自身はプレッシャーに弱く、

人前で何かする、注目されるというのが苦手です(´・ω・`)

スポーツ選手って、なぜインタビューとかも

あんなに立派な受け答えができるんだろ~。とかいつも思うし(;^ω^)

あのプレッシャーに負けない「メンタルの強さ」は、

一体どのようにして培われたものなのでしょうか?

気になったので調べてみたら、

一般人でも見習いたい!と思うことだったので、

ご紹介したいと思います!

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




監督のことば

・常に完璧じゃなくてもかまわない

・全てに全力じゃなくリラックスする

・格好悪いところを見せても大丈夫

・ファンは苦しむ姿にも共感してくれる

監督のブライアン・オーサー氏はこのような言葉がけで、

羽生選手と向き合っているようです。

「失敗しても、大丈夫なんだ!」と思えたら、肩の力が抜けてホッとしますよね!

そうすると、思い切ったチャレンジもできそうですし、

仮に挫折を味わっても、立ち直りは早い気がします。

だって「大丈夫」なんだし(笑)

これって、子育て、仕事、恋愛など、

あらゆるシーンで参考になる言葉だと思いませんか?

「失敗してもいい」って言ってくれる人が身近にいるのは、凄く心強いことですよね。

羽生選手は良い監督さんとタッグを組まれていますね(^^)

もし身近にそういう言葉をくれる人がいなくても、

自分で自分に言い聞かせるだけでも

取り入れてみてはいかがでしょう。

ちょっと気持ちが落ち着く気がしませんか?

発見ノート

羽生選手は日々の練習の中で、

思ったことをどんどんノートに書きだし自己分析をしているそうです。

ノートに書きだすことによって、客観的に今の自分を見つめて、

今やるべきことを明確にしているのですね

日々の練習も大切だけど、それが自己満足にならないように

メンタルをこうやって自制しているんですね!

日記でもなんでも、

スポーツ選手や経営者など、結果を出している人は

結構この方法をしているようです。

最近、私が発見したこちらの心理学でも、

悩みなどをノートに書きだして、自己と対話する大切さを紹介されています。

この記事よかったら読んでみてくださいね↓

こんにちは、なおっちです。 今日はちょっと、自分さらしの記事です。 タイトル通りなんですが、行き詰まってますw ...

マイナスをマイナスのままにしない

以上のようなことから羽生選手は、

失敗しても挫折しても

大丈夫だと信じ、

ノートで自分を振り返り

必ずプラスになるんだ!という信念があるから、

これまでの結果に結びついているんだと思います。

この羽生選手の「メンタル強化術」。

一般人の私も、見習いたいと思ったのでした。

これからも素敵な演技を魅せて欲しいですね~♪

ここまでお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




レクタングル大




リンクユニット




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする