映画「スパイダーマン ホームカミング」のピーターはオレンジ!アロマをキャラクターに当てはめてみた話。

こんにちは、なおです。

アロマの精油って何種類もあるのですが、それぞれに個性があり

「人間だったらこんな感じのキャラクター」

というアートな視点からみることもできるんですよw

そんなアロマ脳の私が(笑)

昨日の夜、マーベルシリーズのスパイダーマンを見ていたところ、

主人公のピーター・パーカーは、

オレンジのキャラクターみたいだな~と思ったので、

その理由など綴ってみます。

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




スパイダーマンはこんなヒーロー

スパイダーマン:ホームカミング (字幕版)

スパイダーマンは、アメコミ発の世界中で人気があるヒーローです。

今までも何回か映画が制作されてますね。

トビー・マグワイヤ主演のスパイダーマン3部作や、

アンドリュー・ガーフィールド主演のアメージング・スパイダーマンシリーズなど。

ほんの10年かそこらの間に、こんなにハリウッドで映画化されているヒーローって、

珍しくありませんか?

それだけ、多くの人から愛されているヒーローだと言えます。

それぞれの映画で雰囲気は違うのですが、

今回の「スパイダーマン ホームカミング」は、

アベンジャーズシリーズの一つである、「シビル・ウォー」の後の話。

今までのスパイダーマン中でも、

一番、若者っぽい、明るいノリの楽しい映画になっています!

主人公のピーターも、歴代のスーパーマンに比べて一番幼い感じです

それゆえに若者特有のひたむきさや純粋なこころや

青臭さ、青春っぽさを感じます!

アイアンマンのトニー・スタークから、

アベンジャーズ候補としてスカウトされたピーターは大喜びで、

期待に応えようとちょっと勇み足気味。

自転車泥棒を捕まえたり、

時にはお年寄りに道を教えたり(笑)

他のアベンジャーズのヒーローは、そんなに街に出没するイメージではありませんよね。

マイティ・ソーに至っては、異次元の人ですし(笑)

そんなところからも、他のヒーローに比べると、親しみがわいてきませんか?

そして、“もっと自分は活躍できる!”というところを認めて欲しくて

躍起になっているピーターに対して

アイアンマンがこう言いました。

「お前は地に足を付けて、“愛すべき隣人”でいろ」と。

そう、スパイダーマンはヒーローの中でも親しみやすい

「愛すべき隣人」というキャラクターなんです(^^)

オレンジはこんなキャラクター

オレンジの香りって、皆さん、想像できますよね?

全然どんな香りか想像もつかないって人は、あまりいないんじゃないでしょうか。

私達日本人だけでなく、世界中わりとどこでも手に入るオレンジ

多くに人にとって、馴染み深い香りだと思います。

フレッシュで、爽やかで、甘くて、ホッと安心さてくれる香りですよね~♡

そして、懐かしさや親しみも感じさせてくれます。

特別感や、非日常間は無いけど、昔から知っている場所のような安心感を与えてくれます。

子供から大人まで、みんなに好かれる香りです♡

そんなオレンジのキャラクターは、

・親しみやすい
・安堵感
・フレンドリー
・子供のようなピュアな心
・明るく元気
・温かい
・はしゃぐ
・わくわくする
・誰からも好かれる
・いつでも会える

そんなキーワードを持っています。

もう少し深堀すると、

・みんなに尽くす

というキャラも見えてきます。

オレンジは種子を鳥や虫や動物たち食べることによってに運んでもらうために、

美味しそうな香りを放っているんですが、

その実を食べることによって、多くの動物たちは満たされます。

ジューシーで甘い果実は、私達人間も好んで食べますよね。

そんな、他者を満たすために甘くて美味しくなってくれているオレンジ

幸せを分け与えてくれているようです(^^)

スポンサーリンク

スパイダーマンとオレンジの共通点は「親しみやすさ」!

ここまでお読みいただいたらお分かりかもしれませんが、

スパイダーマンもオレンジも

「愛すべき隣人」というキャラクターなんです!

先ほどのオレンジのキャラクターイメージとも当てはまる点が多いんです。

・親しみやすい
・安堵感
・フレンドリー
・子供のようなピュアな心
・明るく元気
・温かい
・はしゃぐ
・わくわくする
・誰からも好かれる
・いつでも会える

そして、

「みんなに尽くす」という心を持っているという点も。

これがなければ、ヒーローとしては失格ですしね。

アベンジャーズの一員として選ばれて、

「よっしゃ、やったるで~!!」と思うのは←謎の関西弁(;^ω^)

まあ、カッコイイからとか、自分は役立つというのをみせたいとかも、序盤はあったかもしれませんが、

結局は純粋に「人を助けたい」という気持ちを持っているからなんですよね。

オレンジとスパイダーマンが教えてくれること。

オレンジはそのキャラクターで、

「今日を大切に明日に希望を持つ」とか、

「等身大の自分を認める」ことを教えてくれるんです。

無理して背伸びしたり、

自分に無いものを追い求めたりしている人に、

そのままの自分で良いんだと教えてくれる香りなんです。

ここから映画のストーリーのネタバレになってしましますが・・・

ピーターは途中で一度、アベンジャーズ候補を首になり、

スパイダースーツを没収されてしまいます。

スパイダースーツが無いと、自分の力だけじゃダメなんだと訴えるピーターに対し、

アイアンマンはこう言います。

“スーツの力に頼っているなら、それこそアベンジャーズ失格”と・・・。

それからスーツ無しで、

自分の毎日を粛々と生活していくなかで、

敵と出会い、戦うことになります。

自作のコスチュームで敵と戦うスパイダーマン。

がれきに挟まれ、ピンチになってしまいます。。

「助けて・・!誰か・・・!」

弱気になったそんな時、

水たまりに落ちていたスパイダーマンのマスクと、自分の顔が水面で重なります。

ピーターは、自分を奮い立たせます。

「僕はスパイダーマンだ!」

そう、スーツは無くても、ピーターは紛れもなくスパイダーマンなのです!!

ピンチを自力で脱出し、見事に敵の野望を阻止します。

クライマックスでも、蜘蛛の糸の武器はあるものの、自作のコスチュームで戦います。

正義のマインドが彼自身の中にないと、とても立ち向かえないでしょう。

だから、スーツに頼らなくても、

彼はそのままで、ヒーローだったんですね!!

結果、アイアンマンに認められ、

正式なアベンジャーズのメンバーとなったのでした。

そんなピーターからは、

オレンジが教えてくれることと、同じことを教わった気がします。

・今日を大切に、明日への希望

・背伸びせず等身大の自分を認める

オレンジの香りは、安心感やリラックスを求めている人にも最適ですが、

自分に無いものを追い求めている人や、

今の自分を認められない人にも必要な香りだと思います。

自分に自信が無くて、不安を感じている人は、

オレンジのパワーを借りてみて下さいね(^^)

また、スパイダーマンも同じく、元気がもらえる良い映画でした!

いかがでしたか?

今回はアロマをキャラクターに当てはめて、

遊んでみました(笑)

アベンジャーズのキャラクターと、アロマのキャラクター・・・

かけ離れた話題ですが、

実は、他にも思いついてしまったキャラがいくつかありまして。

楽しいので、別記事にてまとめていこうと思います(笑)

4月には映画「アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー」も公開予定で、

今から楽しみですね~!( *´艸`)

こんにちは、なおっちです。 もうすぐ公開されるこのインフィニティー・ウォー。 マーベルのヒーロー達が、ついに集結しますね...

ここまでお読みいただきありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




レクタングル大




リンクユニット




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする