映画「ブラックパンサー」感想!キャラクターと世界観が魅力的でした!

こんにちは、なおです。

さてさて、3月から公開中のマーベル映画の最新作、ブラックパンサー。

アメリカでは、あの映画「タイタニック」に迫る勢いでヒットしていると、ニュースで知りました。

※タイタニックは私のベスト3に入るほど大好きな映画です!

数あるアベンジャーズ関連作品の中でも、他を抜き、

興行成績はどこまで伸びるのやら?といった状況らしいのです!

「マーベル作品の中でも最もアカデミー賞に近い」とまで噂されてるそうですよ!

なかなか見に行く暇がなかったのですが

気が付けばもう今週で公開終了!!(←4・12終了でした)

これはレンタル開始まで待てない!!!と思ったので、

ギリギリ滑り込みセーフで観てきました!

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




キャラクターが魅力的!

主人公は超文明国家ワカンダの国王と、

スーパーヒーロー「ブラックパンサー」の2つ顔を持つ、

ティ・チャラ。(チャドウィック・ボーズマン)

マーベルシリーズの「シビル・ウォー」で初お目見えした彼です。

前作は「父の敵をうつ」という目的での共闘で、

性格的な部分が見えづらかったですが、今作では、彼の魅力がさらに分かります!

王位を継ぐ儀式ではブラックパンサーの力を一度失ってから戦うのですが、

正々堂々と戦い、敵を追い込みますが最後は殺しません。

とても慈悲深く、優しい性格であるとわかります。

父や先祖が犯した過ちを、自分の代で正そうとすることも、

凄く勇気が要ると思います。

強く、優しく、賢いという、理想の王様なのです。

こんな人物がトップだときっと良い国になりそう!!

そして、敵役がイケメンすぎると騒がれているエリック・キルモンガー。(マイケル・B・ジョーダン)

たしかに、たしかに!!

イケメンでした♡

ちなみに映画館で無料配布されてる「シネコン」に、

IMALUさんによるブラックパンサーの感想が載ってましたが、

「とあるアメリカの女の子は、彼がシャツを脱いだシーンで歯を食いしばり過ぎて

矯正ワイヤーが壊れて歯科で応急処置をした」というおもしろエピソードも(笑)

そんだけ、筋肉美とイケメン具合が際立った彼でした!

そして美しいだけでなく、悪者というより「革命家」な彼。

その信念は「弱者を虐げている世界が許せない」といったもの。

弱い者、虐げられてきた者たちに武器を渡すために、

王位を狙っていたんですね。

そういった背景がわかると、

「敵だけど、敵じゃない」と思わざるをえない・・・。

「女戦士」がめっちゃカッコイイです!

女兵士の隊長であるオコエは、

「ウォーキング・デッド」のミショーン役でお馴染みのダナイ・グリラ!

見事な戦闘シーンをみせてくれましたよ~!

もうこの人、戦う役をやるために女優さんやってんじゃないの?って思うくらいカッコイイ!

眼が迫力あるんですよね。

そして赤い戦闘服(途中はドレスも)似合いすぎでしょう♡

ウォーキングデッド大好きな私としては、テンション上がりまくりでした~!

ティ・チャラの妹で、科学者でもあるお姫様のシュリちゃんも可愛かったです!

全体的にシリアスな雰囲気の今作において、

彼女のお茶目さが唯一ほっこり要素♡

マーベル作品でお馴染みのエンドロール後の映像で、

あの人と関わっていますが・・・

どうなるんでしょうね?

続きはアベンジャーズ・インフィニティ・ウォーで!

こんにちは、なおっちです。 もうすぐ公開されるこのインフィニティー・ウォー。 マーベルのヒーロー達が、ついに集結しますね...

音楽・衣装が素晴らしい。

この作品が、他のマーベル作品と一線を画しているのは、

アフリカンカルチャー×近代国家という新しい映像が、

凄く新鮮だからだと感じました!

衣装はカラフルな民族衣装をもっとモダンにした感じ?

ごめんなさい、語彙が少なくって伝わらないかも(;^ω^)

超近代国家だけど、それだけではなく、

「儀式」「しきたり」「格式」「魂」「黄泉の国」・・・

みたいな、スピリチュアルな部分もしっかり根付いている世界。

今までにみたことのない世界が広がっています。

懐かしさと、未来とが一緒にあるような。

それをさらに、アフリカンな音楽と、

カッコイイR&Bやヒップホップ系の音楽が盛り上げてくれます!

ほんと、この世界観・・どう伝えたらよいか・・・

一言でいうなら

超クール!!

ていうところでしょうか。

ああもう、、雑に締めざるをえない(*_*;

ここまでお読みいただきありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




レクタングル大




リンクユニット




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする