気力の充電方法とパートナーシップのズレの話。

こんにちは、なおです。

今日はあんまりお役立ち要素がないかもしれませんが(;^ω^)

パートナーシップについて最近気が付いたことを記事にしてみます。

スポンサーリンク

あなたは「明日頑張るための気力を充電する」ためには、

どっちの過ごし方が良いなと思いますか?

A:誰かと一緒に過ごすこと

B:一人でゆっくり過ごすこと

私はBタイプです。

PCでブログネタ考えたり、映画やドラマを観たり、ふらっと買い物に行ったり・・。

そうやって誰の目を気にすることなく自由に過ごすことで、

「明日もがんばろ」という前向きな気持ちが湧いてくるというか。

もちろん、家族や友達、恋人などと過ごす時間は人生でもすごく大切な時間です。

旅行やテーマパークに行くことも楽しい思い出になります。

でも「明日頑張るための気力を充電できるか」といったら、違うんです。

Aタイプだった人は、こんな私の考え方を「そんなの悲しい!愛されてない!」と思うかな?

でも愛情とは別問題なんですよ~~(;^ω^)

私の周りには何人かAタイプがいました。

そんなAタイプのエピソード。

<叔父の場合>

私の叔父は非常にアクティブな人です。

旅行とかもよく出かけてます。

そんな叔父のパートナーである叔母は、私とちょっと気質が似ているところがあります。

先日、そんな叔父と話していたところ、こんな話が聞けました。

今まで休日のときは叔母を外に連れ出すことが多かったんですって。

それは叔父が、良かれと思ってやっていたことでもあったと。

で、最近

「休みのとき外に出るのが苦痛。」と言われたそうなんです(;^ω^)

叔父は「休日は遊ぶものだ」と思っていたので、

結婚40年にして初めて知った叔母の胸の内にびっくりしたそうです!

<Kちゃんの場合>

私の友人Kちゃんは彼氏がいます。

お茶してるときに恋バナになって、彼のグチなんかも聞いておりました。

Kちゃんは彼が、もっと頻繁に会いに来てくれたらいいのにと不満をもっていました。

話を聞いていくと全くデートがないわけではなく、

休日とかは一緒に過ごしてくれている模様。

そう、Kちゃんは誰かと一緒に過ごすことで明日への活力を得られるタイプ。

休みの日は一緒にお出かけをして、平日でも一緒にご飯を食べたりして過ごしたいようです。

歴代の彼氏ともこのように過ごしてきたんですって。

だから頻度が少なく「ありえない!」となっていました。

彼にもっと来て欲しいと伝えたところ、

自分の時間が欲しいと言われてショックだと言っておりました。

で、この2人の話から私が気が付いたのが、

相手の「充電方法」を理解しあうのって、

パートナーシップに置いてはすごく大事だなってことです。

私、2人の話聞いてて、

相手の叔母だとか彼氏さん側の気持ちが

痛いほどっ分かったんですよ。

私がBタイプの人間だから。

叔父は言ってました。

「外に出てみんなとワイワイ楽しいことやって、明日も頑張ろうって。

みんなそうだと思ってた!!」と。

(;゚Д゚)

「一人の時間を持つことで、充電できるタイプもいるから、

できればそこは尊重してあげて~」

と、2人には伝えました。

自分が同じタイプだからわかると。

決して一緒に過ごしたくないわけじゃない。

遊ぶのが嫌なわけじゃない。

愛情がないわけじゃない。

ただ単に、個性の違いだって。

そして、もうひとつの理由として、

一人時間を過ごすことで活力が得られる人って、

普段人に気を遣い過ぎている人が多いんじゃないかなと思っていて。

そういった気質のある人は、

気が付かないうちに疲れをため込んでいるんじゃないでしょうか。

叔母のようになかなか言えないまま40年経ってしまうぐらいの人もいますので。。。

Kちゃんの彼氏ももしかしたらとっても気遣い屋さんなのかもしれません。

なので、

Aタイプ→Bタイプの一人時間を認めてあげて欲しい!

Bタイプ→もう少し肩の力を抜いて欲しい!

そうすればBタイプが自分の世界に閉じこもる時間は短くなって、

Aタイプとのバランスが取れる!

・・・じゃないかなと分析してみました。

もしパートナーとの時間の使い方でズレを感じたら、

もしかしたらこういった感覚の違いを見直してみるのもいいかもしれません。

それにはもちろん、話し合いが必要です。

Bタイプの人はなかなか言い出せないかもしれませんが、そこはファイトです!

言わないと伝わりません。

分かりあって、譲り合って、

お互いにとって無理のない関係を築いていけたらいいですよね!

ここまでお読みいただきありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




レクタングル大




リンクユニット




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット