ワインのコルクが割れたので簡単な対処方法で乗り切った話。

こんにちは、なおです。

今日は久々に家でお酒を飲みながらブログを書いています。

わお、優雅♪

あなたはお酒は何が好きですか?ビール?日本酒?

私は白ワインが大好きです~♡

トマト味のパスタとか海鮮とか、、

チーズとかナッツとかをおつまみに食べるのが最高!!

↑いいですね~♡

・・・今日はコンビニの6Pチーズをアテに飲みます(^^)

だけど、こんな風に家で飲むことはあまりないので、

コルクを自分で抜くことには慣れてないんですよね(;^ω^)

それでさきほど、やっぱり

やらかしてしまいました・・・。

そう、コルクが途中で折れるという悲劇!!!

くうう~~~!!( ;∀;)

目の前におつまみも用意している。

早く食べたいし、

早く飲みたい!!

速攻で開けたい!!!

そんな状況に陥ってしまいました。

なんとか大丈夫だったので、

「よし、ブログネタにしよう」と思い立ちました(笑)

そんなコルクが割れてしまった時の対処方法をご紹介してみます。

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




もう一度スクリューを差し込む

単純ですが、この方法で乗り切りました(笑)

コルク抜きのスクリューから折れたコルクを一旦取り除き、

瓶に残っているコルクにもう一度

スクリューを差し込み引き抜く方法です。

折れてしまったときは、

わぁぁぁぁ~~(;゚Д゚)

やらかした!どうしょ~どうしょ~!!(;゚Д゚)

と、焦りましたが、

皆さんも一旦、落ち着いて。←お前がゆうな(笑)

意外と再チャレンジで簡単に抜けました~♪

スクリューはまっすぐ刺さるように慎重に回して下さいね。

まずは、シンプルにこの方法を試してみて下さい!

それでも固い人は、瓶をしばらく横に寝かせると

コルクに水分が染みて抜けやすくなるらしいです

ただ、ちょっと時間を置く必要があるので速攻とはいかないですね(;^ω^)

スポンサーリンク

コルクを押し込む

もう一つのおすすめ方法は、

折れた部分をワインの中に押し込む方法です。

コルクの破片が入るけど、

コーヒーフィルターや茶こしで漉せば大丈夫!

ついでにお洒落なデカンタに移せば雰囲気もよくなります。

失敗もプラスになりますね♪

ソムリエナイフは使わない

私のようにコルク抜きが不慣れな人は、

そもそもかっこつけてソムリエナイフを使わないほうがいいです(笑)

こんなタイプのワインオープナーはいかがでしょうか?

これだと、まっすぐスクリューが入るし、

スクリューを回しいれていくと同時に、横のハンドルが持ち上がっていきます。

それを引き下げるとコルクが簡単に持ち上がるという寸法です。

力が要らないので楽々です。

コルクが折れる失敗率は低いです!

昔、持ってたんですよね~。また買おうかな・・・。

飲み残したら?

コルクが折れちゃったということは、

代わりになるものを用意しないといけないですよね。

そんな時は、

ラップを巻くのが一番簡単かと思います。

雑かっ!!(笑)

雑かっ!と思ったあなたは、こういうのも売ってましたので、

準備しておくと安心かもです。

シャンパンなどは炭酸が抜けないように、

専用の栓があると便利。次の日も美味しくいただけます。

もし、コルクが折れてしまったら思い出していただけると幸いです♪

では、もう少し晩酌を続けたいと思います(笑)

たまにお家で飲むのもいいものですね~☆

ここまでお読みいただきありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




レクタングル大




リンクユニット




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする