大河ドラマ西郷どんの鹿児島ロケ地「龍門司坂」と周辺おすすめスポット!姶良市は大河ドラマの聖地だった!

こんにちは、なおです。

先日、親戚のお墓参りに鹿児島県は姶良市へ行ってきました!

鹿児島県と言えば、今は2018年大河ドラマ「西郷どん」の西郷隆盛ゆかりの

観光スポットが多くありますよね!

特に、私の親戚が住む「姶良市」は大河ドラマのロケ地として有名で、

「西郷どん」では最も多くのロケがされたようなんです!

そこで今回は、そんな鹿児島県姶良市の西郷どんのロケ地と、

その周辺の観光スポットをご紹介してみます!

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




龍門司坂

寛永12年(1635)に着工しおよそ100年の歳月を費やし完成した石畳の山道で、
当時の全長は1,500メートルでしたが、現在は約500メートルが残っています。

明治10年(1877)の西南の役の際には、西郷隆盛率いる薩摩軍がここを通って熊本を目指したとされています。

「西郷どん」だけでなく「篤姫」「龍馬伝」「翔ぶが如く」のロケ地でもあります。

大河ドラマ鹿児島ロケ地の代名詞とも呼べる場所です!

西郷どんのドラマでは、オープニングの時に登場しますね!
青々とした美しい苔の石畳が印象的なシーンです。

「あの青々とした幻想的な風景をこの目で見てみたい!」

そう思って実際に行ってみました!

私は徒歩20分程のところのビジネスホテルに滞在していましたので、
そこから朝のウォーキングを兼ねて歩いていくことにしました。


目的地に近づくと観光案内版がたくさん立っていますので、
初めてでも迷わずに行くことができました。

入り口はこのような感じ。

入り口の向かいには無料駐車場とバス停があります。


5月も下旬のため、アジサイがキレイに咲いていました。
朝の8時過ぎ。人はまばら、というかほとんどいなかったです。

入り口には杖が用意されています。


石畳は苔で、滑りやすくなっているのでありがたいです。

歩きやすい靴じゃないと、登るのは無理そうですね!

風情の残る石畳に歴史のロマンを感じながら奥に進みます。

まだまだ手前、苔は乾いているか生えていません。
もっともっと奥に行かなければ・・・。

意外に急な坂道です。
登りはイイけど、下りが心配になってきました。
膝の良くない母を連れていたので、一足先に奥に行って様子を見ますが、
「苔が青々ゾーン」はまだ先のようです。

そして残念なことにタイムオーバー!
ホテルのチェックアウトまでに戻らなければいけなくて、
泣く泣く途中で引き返しました。

でも歴史の偉人&ドラマロケ隊と同じ道を歩めたことに
これで良しと納得して龍門司坂を後にしたのでした。

こちらは時間と体力がある時の訪問をオススメします!

<アクセス&基本情報>
住所:鹿児島県姶良市加治木町木田5088-1
電話:0995-66-3111(姶良市商工観光課)
駐車場:あり(無料)
アクセス:高井戸バス停から一般道を北へ徒歩1分。

龍門司坂周辺のおすすめスポット

ロケ地である龍門司坂に行くのなら、ぜひ一緒に立ち寄ってほしいおすすめスポットを紹介します!

スポンサーリンク

龍門滝

日本の滝百選にも選ばれた名所です。
昔、唐人がこの滝を称して「漢土の龍門の滝を見るが如し」と言ったことから、龍門滝と呼ばれるようになったと伝えられています。
夜間はライトアップもされて幻想的な雰囲気が浮かび上がります。
遊歩道を行くと滝のすぐ目の前まで行くことができますよ!
マイナスイオンに癒されます。

龍門滝温泉

龍門滝の傍らにあり、滝の流れをガラス越しに眺めながら温泉に入ることができます!
(ちょっと曇っていますが・・・)
地下1000メートルから湧き出すのはナトリウム塩化物泉で、神経痛や火傷に良いと言われています。
地元の人が利用する温泉施設といった感じで、料金も250円ととても手軽です。
見たところタオルの貸し出しは無かったみたいでした。
タオル・着替えなどは持って行って下さいね!
周辺を歩いて観光した後は、ここでひと汗流して休憩してはいかがでしょうか?

住所 鹿児島県姶良市加治木町木田5271-1
営業時間 6:00~22:00
毎週水曜日休み
駐車場50台

その他の姶良市内のロケ地

今回の旅では時間的に回れなかったので実際訪問できませんでしたが、

観光案内版には以下の場所でも西郷どんのロケが行われたとされていました!

その3か所をご紹介します。

掛橋坂

蒲生町北と西浦を結ぶ峠に見つかった石畳の道です。
最近まで、鹿児島県民のなかでも知る人ぞ知る場所だったとか。
開通した時期ははっきりしませんが、道筋には寛永8年(1796年)の供養塔や
明和9年(1772年)の馬頭観音碑があることから遅くともそのころまでには石畳道が完成していたと考えられています。
この道は大阪や江戸に行くための道で、私の住んでいる北九州の小倉まで続く道があったそうです!
北九州から鹿児島の加治木ICまでは高速で4~5時間ほどかかるのですが、
江戸時代は一体、何日くらいかかったんでしょうね~
歩きで行ってたんですよね~・・・想像しただけで気が遠くなってしまいそうです(笑)
「西郷どん」の中では第1話、妙円寺詣りに向かう道中として登場したようです!

住所 姶良市蒲生町北1006
無料駐車場あり

精矛神社

「くわしほこ」神社と読みます。
ドラマでは第1話に登場し、西郷どんの幼少期、妙円寺詣りが撮影されました。
子供たちが石段を駆け下る印象的な場面です。
春は桜の名所としても知られていて、多くの観光客が訪れるそうです。

住所 姶良市加治木町日木山308-1
無料駐車場あり

重富海岸

霧島錦江湾国立公園内に位置し、夏は海水浴客で賑わうスポットです。
海岸沿いには約600mの松林が続いていて、
桜島を眺めながら、ぶらぶら散歩するにもよさそうです!
西郷どんのドラマでは数回登場するスポットなのですが、
「翔ぶが如く」でもロケ地となり、ラストシーンの撮影はこちらだったそうです!
さすが姶良市は「大河ドラマの聖地ですね!

住所 姶良市平松7703-4
無料駐車場あり

おわりに

姶良市の西郷どんロケ地まとめ

・龍門司坂
・掛橋坂
・精矛神社
・重富海岸

さすが西郷隆盛ゆかりの鹿児島県です。

鹿児島市内に行けばもっと西郷どんの世界を楽しめるスポットがたくさんありますが、

鹿児島県に来たならばぜひ、姶良市のほうに足を延ばしてみて欲しいです。

自然が豊かで、史跡巡りは当時のそのままに歴史を体感できますよ!

私は今回はお墓参りと親戚に会うことが目的で、

しかも両親を連れて行ったので自由行動ができませんでしたが、

また時間に余裕がある時にゆっくり巡りに行きたいと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




レクタングル大




リンクユニット




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする