映画「SUNNY強い気持ち強い愛」あらすじやロケ地情報!韓国映画の日本版リメイクはコギャルカルチャーが懐かしい!

アラフォーだったら思わず青春時代に引き戻されそうな映画がこの夏公開です!

90年代後半と現代がこの物語の軸になっていくので、

そのころに青春を過ごした私なんかは、

もう予告だけで何か込み上げてくるものがあります。。

タイトルといい(オザケン!)、

予告の曲の出だしといい(ぐぁー!スイート19ブルース!!)。

なんかもう盗んだバイクで走りだしそうです。←ここだけ時代がちがう(笑)

そしてキャストもとっても豪華なんです!

現代のメンバーを演じるのは篠原涼子さん、ともさかりえさん、小池栄子さん、渡辺直美さんなどナイスなキャスティング。

広瀬すずさん、池田エライザさん、三浦春馬さんがあの90年代後半を演じるというところも見逃せません!

※予告に出てくる三浦くんは、伝説のドラマ「白線流し」の長瀬くんにしか見えません(笑)

監督は「モテキ」の大根仁監督。

そして音楽が小室哲也さん!

あのころ小室ファミリーの音楽しか聞いてなかった私にとっては、

最高の青春ムービーになりそうな予感しかない!!

物語のあらすじや公開日、ロケはどこで行われたのかなど、

気になったことを調べてみました!

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




公開日

2018・8・31(金曜日)

あらすじ

90年代後半。

青春を謳歌していた女子高生グループSUNNY(サニー)のメンバー6人。

現在40代となった彼女たちはそれぞれに別の道を歩み、

またそれぞれに悩みを抱えながら生きていました。

そんなおり、平凡な主婦の奈美は、

サニーのメンバーでリーダーだった芹香と再会します。

芹香はがんに侵されており、余命一カ月でした。

そんな芹香は奈美に「最後にみんなに会いたい」と告げます。

サニーのメンバーたちは、とある事件をきっかけに音信不通になっています。

奈美は芹香の最後の願いを叶えるべく、メンバー探しを始めるのですが・・・。

女子の友情を描いた感動作となりそうです!

原作はどんな?

実はこの作品、2011年公開の韓国映画「SUNNY永遠の仲間たち」の日本リメイク作品なんです!
こちらの作品は韓国で大ヒットを記録し、日本でも公開され隠れた名作として人気が高かった作品みたいですよ!

韓国版は70~80年代のヒットポップスとともに物語が展開されているようですが、
日本版の設定は90年代後半。
コギャルカルチャー真っ只中ですね!

時代背景は多少違っていますが、物語の大筋は一緒のようです。

余命幾ばくも無い仲間の望みによって、青春時代を過ごした仲間が再会するも、
様々な人生模様の40代を過ごしている仲間たち。
青春時代を思い出すことによって、
彼女たちにどんな変化が表れるのでしょうか?

韓国版もチェックしておきたいですね!

※2018年9月現在、アマゾンプライムで視聴できますよ~!

ロケ地情報

こちらの撮影期間は2017年の10月中旬~12月あたりまで行われたようです!

撮影場所は関東近郊が中心で、

東京、千葉、埼玉、神奈川などで行われたようです。

高校時代のシーンは以下の学校で行われていた模様です!

・千葉県船橋市 船橋芝山高校

・狭山市立東中学校 こちらは廃校となっている学校で他の映画やドラマのロケも多くあるみたいですね。こちらに撮影風景がのってました!
SUNNY 強い気持ち・強い愛 狭山市公式ウェブサイト

他にも、以下の場所でキャストの目撃情報がある模様です!

・千葉市役所

・東京都板橋区 ライフ赤塚店

・神奈川県横浜市 伊勢佐木町商店街

いずれも東京近郊で行われたようですね!

それぞれの場所でどんなストーリーが展開するのでしょうか?公開が楽しみです!

ロケ地情報は映画公開後に、気になるシーンが有ったら追記したいと思います!

映画の公式HPはこちら

http://sunny-movie.jp/

ここまでお読みいただきありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




レクタングル大




リンクユニット




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする