歴史的な大雨だった北九州!床上浸水対策と災害時に持ち出す物を考えさせられました。

数十年に一度という大雨になりました。

一夜明けた今日も、関西や四国地方など、各地で被害の甚大さが広がっています。

あなたがお住まいの場所は大丈夫でしょうか?

私の住む北九州地方は、

台風も割と反れてくれるし、地震も少ないし、

自然災害が比較的少ないところなので、

昨日は本当に、

「とうとう何かすごい被害が起こるかも」と、

気が気じゃありませんでした。

というのも、

近所に「遠賀川」という大きな川が流れているのですが、

この川が「氾濫危険水域」に達し

非常に危険な状況となっていたんです。

決壊すれば、よくて床上浸水、

水の勢いによっては流されてしまうかもしれない・・・などと、

最悪な出来事を想像してしまったり。

しかも夕方から夜になるにつれ、

避難準備

避難勧告

避難指示

と、どんどん状況は深刻になっていきます。

近所に住む弟家族は、

小さな子が3人もいるので、

念のため高台の小学校の避難所へ向かったのですが、

その途中に川の様子を見たとのことでした。

もうあと2~3メートルで溢れるとこまで来ていたそうです。

このまま雨が降り続けば、

明け方の満潮時には、

もしかしたら溢れるかもしれないと、

心配して「迎えに行こうか」と電話をかけてきてくれました。

両親はこんな時に関わらず

2人とも仕事に出かけていました。

父は夜中までの夜勤、

母は飲食店のパート。

こんな時も仕事を休まない真面目すぎる親です(;^ω^)

両親が帰ってくるまでは心配だったので、

弟の厚意だけ受け取り、

家で過ごすことにしました。

さて、自分と家族を守るために、

私は何をしておこうか?

次の行動を起こしました。

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




床上浸水に備えておこう!

床上浸水ぐらいだったら、

しばらく2階で過ごせば命に危険はありません。

でも水が引くまでは行動ができないかもしれませんよね。

そこでネットで調べた品物を、2階に準備しておきました!

・ロウソク
・ライター
・ラジオ
・懐中電灯
・乾電池
・ごみ袋
・バスタオル
・トイレットペーパー
・水(2Lペットボトル何本か)
・食料(すぐ食べれるもの)

この他に、頭痛薬や救急セットなども。

家族がいつも飲んでいるお薬なども忘れずに。

トイレが使えなくなることもあるので、

簡易トイレや紙パンツもあると安心ですね。

さらに、この他の準備として、

・風呂に水を貯めておく

ということも「断水対策」として有効だそうです。

そして、

・貴重品は上のほうに移動

1階にあるキャビネットなどの下の引き出しに入っているものは、

できるだけ上の段に移動して、

大切なものは2階に移動させておくということ。

コンパクトな家電なんかも、

移動できるものは移動させておきました。

持っていけないけど、大切なもの(趣味のグッズとか)

最悪、水につかっても一縷の望みが持てるように、

ビニール袋にいれてまとめてみたりしました。

家が過ごせない状態になったときに持っていくものを準備しておこう!

家が住めなくなったら
最低限、過ごせる用意をしておかないといけません。

・お金
・通帳
・印鑑
・年金手帳
・健康保険証
・運転免許証
・スマホ
・充電器
・数日分の着替え

以上のものは誰にでも当てはまる持ち物だと思います。

以下は私の場合ですが、

PCが無いと収入が途絶えるので、
ノートPCとその充電器なども必須です。

化粧品とか洗面用具はなくても何とかなりそうですが、
PCが流れたら立ち直れません(笑)

そして、一番悩んだのがアロマです。

生活必需品ではない・・・。

荷物にはなるけど、でも、

避難生活みたいなストレス環境にこそ必要なんじゃないか?と思い、

・ラベンダー
・ティートリー
・ペパーミント
・ベルガモット
・オレンジ

悩みに悩んで厳選し、
これだけは持ち出そうとポーチに忍ばせました。

ラベンダー・ティートリー・ペパーミントは、
緊急的に、例外的にですが、
原液で使っても良いものとされています。

ベルガモットやオレンジの香りは、不安や緊張をときほぐすだけでなく、
他の人にも受け入れられやすいので、家族で使えそうです。

そんな感じで選んだものをバッグに忍ばせておきました。

準備は大切!!ということを実感。でも一番大切なのは・・・

不安の夜を乗り越え、翌朝。

警報は解除され、

川の増水も落ち着きました。

結局、取り越し苦労に終わり、ホッとしています。

やはり、日ごろの準備は大切ですね。

それを痛感した日でした。

防災グッズはもちろんのこと、

自分にとって無くてはならない

「これだけは」の物を考えておくことも

いざという時、さっと行動するには必要だなと思いました。

でも結局、一番大切な「これだけは」って、

以外にないんですけどね。

今回の大雨で、

連絡を取り合ったり、お互いを案じたり。

人の繋がりの温かさを感じました。

大切な人だったら、

何も持ってなくていいから、とりあえず無事でいてほしいと、

思いますよね。

なので、もし何も持ち出せないような事態になっても、

自分の命だけは大切に行動しようと、

思った次第でした!

なんだか今日は、

昨日の動揺がまだ残っているのか?と思うほど、

あんまりうまくまとめられない記事でした(;^ω^)

ぐだぐだながら、

ここまでお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




レクタングル大




リンクユニット




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする