喧嘩ですぐ怒鳴る旦那さんが怖くて離婚したくなる。気持ちを落ち着かせ楽になる対処法は?

こんにちは、なおです。

・喧嘩して怒ると旦那さんが大声で怒鳴る。

・そうなると萎縮して何も言えなくなってしまう。

・逃げ出したい。離婚したい。

こんなことでお悩みですか?

すごーくよくわかります!

私も元旦那さんとの間で、怒鳴られることが怖くて悩んでいました!

私は比較的、平和な家庭で育ったので、

怒られる、怒鳴られるがめっちゃ苦手です。

怒鳴りながら何か言われると、

頭真っ白になって、何も言えなくなっちゃいますよねえ・・・。

相手が彼氏さんや旦那さんだと、

逃げたい!別れたい!

となってしまう気持ちも、すっごく分かります。

ほんと、大声で怒鳴る、威嚇するのは

やめてほしいです・・・。

でも、相手に怒鳴られようと、冷静に返せる人も世の中にはいるんですよね~。

私の昔の職場にもそんな人がいました。

上司に大勢の前で叱責されても、

「大声で言われなくても聞こえます」と、しれーっと言える(笑)

この人すごい!!!(;゚Д゚)

と、感心したものでした(笑)

このブログでは、

あなたは変わる必要ないよ!っということをお伝えしたいブログなので、

こんな人になるにはどうすればいいか?ということは目指していませんが、

せめて自分の心だけでも守り、

落ち着くようにしたいですよね。

旦那さんに怒鳴られるのが嫌だ・・・

離婚したいとまで思ってしまう・・・

そんな風にお悩みにあなた。

こんな考えかたはどうでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




まず深呼吸と、「手当て」

怒鳴られたら身体が縮みあがりますよね。

身体が「ギュっ」となり、

呼吸が浅くなります。

怒鳴られている最中は無理かもしれませんが、

動揺してしまったら、ぜひ、深呼吸をしてみて下さい。

人間の身体は、

臨戦態勢の「交感神経」と

リラックスモードの「副交感神経」が入れ替わり立ち代わりで機能しています。

興奮すると呼吸が浅くなるのは、

「交感神経」にスイッチが入ってる状態です。

臨戦態勢なので、とても固くなって緊張している感じですね。

これを深い呼吸をすることで意識的に、

リラックスの方の「副交感神経」に持っていけるんです。

怒鳴られたときの「はっ・・・はっ・・・」と浅い呼吸では

中々落ち着けませんよね。

まずは、

すぅうううううううーーー

はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーと、

深ーく呼吸して、まず落ち着いてくださいね。

そしてさらにオススメなのが、

自分の胸やお腹に自分の手を当てて

さすってあげるんです。

「手当て」っていう言葉がある通り、

人間の手からはエネルギーが出ているんですよね。

お腹痛い時とか自然に手が行きませんか?

そして、

「怖かったね~大丈夫よ~」と自分に言ってあげて下さいね。

怒鳴られたのは自分が悪かったからだ・・・なんて

思わなくっていいですからね。

相手は「怒鳴らないで気持ちを伝える」という選択だってできたはずです。

ますは怯えてる自分を、

大丈夫よーと言って、落ち着かせてあげて下さいね。

怒鳴る人は、実は怖がりさんかも?

落ち着いたら次に、相手のことを考えてみましょうか。

なんで、相手は怒鳴るのか。

それは相手の期待に、

あなたが沿ってくれなかったので、

パニックになっただけなのかも・・・という可能性があります。

「ひー!!怖い!」という状態なので、

結果、叫ぶ=怒鳴る。

え?怖かったのはこっちなんだけど?ですよね(笑)

相手が何が怖かったのかというと、

・わかってくれない

・愛されてない

ということが怖かったのだと思うのです。

パートナー間だけじゃなくてもいいんですが、

怒鳴る人の気持ちを掘り下げて考えてみました。

例えば、私の幼少期のこと。

トラウマ級に、怒られた記憶があるのがピアノの先生なんですが、

私が上手く弾けないといつも怒鳴られていました。

先生「なんでできないの!!キィー!!」と怒鳴る。

本当は「どうしてわかってくれないの?」と嘆いている。

こんな仕組みだったのではないかな?と

今は思っています。

表面上はどうあれ、こう考えると、

その人に対する怖さが半減する気がしませんか?

怒鳴っちゃいるけどその人も思い通りにいかなくて

シュンとなってるだけなんだって。

特にパートナー間だと、

愛情表現は人によって全然違う感じだったりするので、

そのすれ違いで「愛されてない!!!」ってパニックになり、

それがもう相手は、

怖くて怖くて、アーーー!ってなっていて、

「怒鳴る」になっているのかもしれません。

本当のところは本人にしか分かりませんが、

「怒鳴る人が怖いなぁ」と、ガクガクブルブルしてしまう時は、

同じように相手も、

「愛してくれなくて怖いなあ」とガクガクブルブルしてるのかもしれないと思えば、

少し怖い気持ちがまぎれるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

とにかく怒鳴らないでほしいんだけど・・

相手の気持ちに対する考え方はなんとなく分かったけど、

とにかく怒鳴られると怖いんだよね~

やめてほしいんだよね~

ですよね。

これはもう、震えながら相手に言うしかありません・笑

あなたもそうだと思いますが、

テレパス能力でもない限り、

人の考えていることってわかりませものね。

伝える努力は大切だと思います。

その時に、

「どうして怒鳴るの!!」

っていう言い方より、

「大声出されると萎縮してしまうから、大声で言わないでほしい」

みたいに伝えるのがおすすめです!!

これは別記事でもお伝えしましたが、

「Iメッセージ」というやつですね。

こんにちは、なおです。 ・パートナーに否定されるのが怖くて、言いたいことを素直に言えない。 一番、自分の事を知ってほしい...

ケンカになりにくい伝え方のテクニックで、

「あなたは~」から始まる相手責めの言い方ではなく、

「私は~」と自分の気持ち発信の伝え方です。

できるだけこんな伝え方で言えるのが理想ですが、

勢いで「怒鳴られると怖いんだっ!」って

伝えちゃっても大丈夫です(笑)

私も元旦那さんとの間に、そんなときもありました。

そして、これって一度や二度伝えただけでは

なかなか伝わりませんでしたし、

冷静にIメッセージで言えないときもありました。

でも何度も「怒鳴らないで」を伝えるうちに、

最終的には私より冷静になってくれてましたよ・笑

むしろ私のほうが絡みまくる展開になる時もありました・・・(;^ω^)

本当にグダグダでも「伝える」は大切です。

一度でも、勇気を出して

伝えてみて下さいね!

まとめ

・喧嘩して怒ると旦那さんが大声で怒鳴る。

・そうなると萎縮して何も言えなくなってしまう。

・逃げ出したい。離婚したい。

と思っている人は、

・深呼吸と「手当て」でまず怯えてる自分をなだめる。

・相手もパニック状態だったと考える。

・「怒鳴られると怖いから怒鳴らないでほしい」と相手に伝える。

以上のことから実践してみてはいかがでしょうか。

怒鳴れて、びっくりしましたね。

でも大丈夫。

あなたは、悪くないですよ!

人は怒鳴りあいをしなくてもコミュニケーションができるのです。

私やあなたのような

「大声で怒鳴られると萎縮してしまう」人は、

怒鳴るコミュニケ―ションの仕方は望んでないはずです。

まずはそれを相手にコツコツと伝えてみましょう!

伝えないと相手は、

あなたがそこまで怖がってるなんて

夢にも思ってないかもしれません!

「怒鳴る男とは即離婚、離婚!」と考える人もいると思いますが、

離婚したいと悩みながらも、

このページに辿り着いたあなたは、本当は、

縁あって一緒になった彼と、仲良くやっていきたいと

願っているのではないでしょうか。

それでいいと思います。

自分で出来る努力をするあなたは素晴らしいです!

自分の気持ちに正直に行動していって、

どんな時も自分の味方でいてくださいね!

そうすれば、彼と心地よい関係を育てていけるかもしれないし、

離婚する結果になったとしても、

きっと「これでよかった!」と思えるはずです!

まずは、「自分」ですよ~~!

怯えた自分を癒して「大丈夫よ」って言ってあげて下さいね!

怒鳴られても、あなたは悪くない!!

ここまでお読みいただきありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




レクタングル大




リンクユニット




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする