普通って何だろう?杉田水脈議員の批判殺到したLGBTは生産性が無いという意見について思ったこと。

こんにちは、なおです。

私はあんまり批判記事に触れる事ってしないんですが、

今日はタイトルの話題について思ったことを書いてみようと思ます。

私は政治に疎いので、

この議員さんのこと実は良く知りません・汗

水脈とかいて「みお」と読むのか、って思ったぐらいです。

この方の、件の意見に対して、

「けしからーん!」と怒っているわけではないのですが、

(うそ、ちょっとイラっとしました・笑)


(うそ、書いてるうちに結構プリプリしてきました・笑)

この話題を何の気なしに目にして、

私もこの方のいう「普通に」結婚して子供を産んでって

できてる人間ではないので、

ちょっと悲しく思ったり。

「普通」「常識」という言葉に、

心がザワザワしましたので、この話題について考えを書いてみようと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大




まずは、簡単にこの話題についてまとめ。

事の発端は、

自民党の杉田水脈衆議院議員が、

月刊誌「新潮45」2018年8月号(新潮社)に掲載された、

「日本を不幸にする『朝日新聞』」という特集の一環です。

「『LGBT』支援の度が過ぎる」と題して持論を展開した寄稿文に批判が殺到しているのです。

この寄稿文の中で彼女の大まかに主張はこういうことだったようです。

1.「LGBTだからといって、実際そんなに差別されているものでしょうか」

2. 「彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです」

3.「不幸な人を増やすことにつながりかねません」

これの中身が、

ちょっとまて~い!!( ゚Д゚)←怒ってるやん・笑

と思わず唸ってしまう意見でしたので、ちょっと詳しくみていきましょう。

「LGBTだからといって、実際そんなに差別されているものでしょうか」

これは杉田議員自身の友達がもし、

ゲイでもレズビアンでも偏見無く付き合えるし、

なんでそんなに権利を守ろうとしてあげる必要があるのか?といった考えのようです。

でも生き辛さって当事者にしかわからない部分もいっぱいあるし。

苦しみがあるから、声を上げる人がいるわけで・・・。

「私は別に差別しないのに、特別扱いしないでよくない?」って、

ココだけ聞くと、良い意見のように感じます。

でも私がなんか嫌に感じたのは、彼女の主張との噛み合わなさです

「常識」「普通であること」を見失う社会は秩序がなくなり崩壊するかも

・・・という意見も、この後書かれてあるようで。

つまり同性愛は「常識」「普通であること」から外れているという考えがにじみ出ています。

偏見ありまくりやないかい!!と思ったのです。

そんな考えが根強い世の中だから、

LGBTの人たちは生き辛く、苦しい思いをしてきたのでは?

と思ってしまいました。

「彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです」

不妊治療のカップルに税金の投入はOKだけど、

子供を生み出さないLGBTのカップルにお金を投入するのはいかがなものか?

といったことらしいのですが・・・。

LGBTの人は社会的弱者じゃないく納税者としての支援は受けられるけど、

その他になにかLGBTであることで支援が必要か?とのことで、

差別していないということらしいのですが。

「生産性」っていう表現がひっかかります。

誰であろうが、

当たり前のことだけど、全ての人は一生懸命生きてます。

生きていること、そのこと自体に価値があると思います。

私も、子供いないし、今は会社勤めもしてない「生産性」のない人間ですが、

一生懸命、生きております。

こんな風に表現できる人とは、

まず友達になれないなあ・・・と思いました。

「不幸な人を増やすことにつながりかねません」

ん?これどういうこと?と思ったのですが、

杉田議員は女子高育ちでそういった疑似恋愛があったらしく、

LGBTは単なる性的嗜好で一過性のもの、という認識らしいのです。

大人になったらみんな普通に結婚していくのに、

メディアが、多様性の時代だから同性を好きになるのもアリと大っぴらに報道していたら、

普通に恋愛して結婚出来る人まで、「これ(同性愛)でいいんだ」と思って、

不幸な人を増やすことにつながりかねない・・・という意見でした。

いや、、、

本人がこれ(同性愛)でいいと思えるならそれでいいやろ!

突っ込んでしまいました・笑

誰と一緒に居るのが幸せだとかは、それこそ周りが決められることじゃないです。

メディアが何をいおうが、

自分の好き・嫌いは自分の心にしか聞けません。

そして、メディアが何か言ってたからといって、

勘違いで好きでもない相手とずっと一緒にいられるかなぁ??

そんな風に感じてしまいました。

スポンサーリンク

私がなぜこの話題にこれほど「モノ申す!」な気分になれたか

私自身はLGBTではないのですが、

今まで「常識」「普通」ということに自分自身が囚われていて、

息苦しい思いをしてきたからだと思います。

そして最近では、

「周りと同じじゃないと、いけないの?」と疑うようになったからだと思います。

私はというと、

集団は苦手で、一人のほうが落ち着く。

色んなペースが周りより遅く、飲み込みも悪い。

転職も多く、家庭も築けない。

そんな人間です。

周りと同じようにできない自分は、生きている資格があるの?

世の中に存在していたって価値がないのでは?

そんな風に投げやりになったこともあります。

でも「周りと同じじゃなくてもいい!」と考えるようになってから、

ちょっと生きやすくなりました。

だから「普通は」「常識では」とか言われても、

その普通とか常識とかをクリアーした先に、私にとっての幸せはあるの?

そんな風に考える癖をつけたおかげで、

自分を受け入れられるようになっていきました。

なので、今回私がこの話題を通してあなたにお伝えしたいのは、

「普通」「常識」とかに囚われて、

それであなたが苦しいなら、

そんな常識クソくらえだ!

ということです。

その常識や普通に従うことで、あなたが本当に心から幸せになれますか?

自分の心に答えを探して見て下さいね!

今日は暑い夏に感化されたのかパッションの強めな記事になってしまいました(笑)

お見苦しかったかも・・・?

暑さが増してしまったら、すみませんです(;^ω^)

でも言わずにはいられない、そんなトピックなのでした。

ここまでお読みいただきありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする