アロマテラピーの言葉の意味って?アロマセラピーとどう違うの?

こんにちは、なおです。

ネットや書籍で色んな情報を得られるアロマのこと。

あなたも最近アロマに興味を持って、このブログに来てくれたのかもしれませんね!

覗いてくださってありがとうございます!(^^)/

今回は「アロマテラピー」という言葉の意味

分かりやすくご紹介したいと思います!

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




アロマテラピーの言葉の意味は?

アロマテラピーは日本語で「芳香療法」と訳されています。

元はギリシャ語の造語で、

アロマは「香辛料」を意味し、

テラピーは「治療」という意味があるんです。

「香り」と「治療」の要素をかけあわせたのが

アロマテラピーっていう言葉なんですね!

フランス人化学者であり調香師でもあるルネ・モーリス・ガットフォセが、

1937年に本のタイトルとし使ったのが最初です。

何千年も前の古代から人々は、

植物の香りがもつ心理効果や薬理効果を使ってきていましたが、

「アロマテラピー」という言葉が生まれたのは、実はそんなに昔のことではなかったんです!

アロマテラピーなの?セラピーなの?

アロマに興味を持ち始めて色々な本を読んでみると、

アロマテラピー

アロマセラピー

と、このような表記の違いに度々遭遇すると思います。

え、テラピーなの?セラピーなの?

と、混乱してきませんか?(;^ω^)

私も最初は、一体どっちが正しいの?と思っていました。

最近はとくに「○○セラピー」とか「セラピスト」という言葉も浸透してきてるので、

心身の癒しに活用する方法なのであれば、

セラピーといったほうが正しいのかな?とか、余計に気になりますよね。

その違いというのは実は、

テラピー=フランス語読み

セラピー=英語読み

こういった違いなのでした!

単なる発音の仕方の違いだったんですね(;^ω^)

テラピーでもセラピーでも、

どちらで言っても本質的には間違いではないということです!

日本で検定を主宰しているAEAJでは「アロマテラピー」と統一していますね。

他の資格団体もほとんどテラピー派。

書籍のタイトルもテラピーのほうが多いですね。

やはりアロマの源流がフランスから来ているからでしょうかね。

テラピー=治療なら、病気が治せる?

「芳香療法」と訳されているので、なんとなく医療分野を連想しますよね。

確かに医療の分野でも、アロマの普及は進んでいます。

介護施設なんかでも取り入れられていますよね!

でも、

アロマテラピーは病気を治すというよりは、

植物の香りで癒し、リラックス、リフレッシュを得て、

人が本来持っている「自然治癒力」引き出すということが期待できるもの。

アロマテラピーで用いる精油は、

お薬のように、病気や痛みの元を狙い撃ちするようなものでは無い

と、理解しておいてほしいです。

アロマを健康に活用したいと思うのなら、

自分の身体の声にじっくりと耳を傾けてみてくださいね。

アロマだけに頼って痛みを我慢するようなことでは本末転倒です。

アロマでセルフケアするには限界があると頭に置いて、

安全にアロマを楽しんで下さい!

まとめ

・アロマテラピーとは「芳香療法」と訳されている

・ギリシャ語で「香辛料」「治療」という意味がある

・言葉を作ったのはフランス人化学者ルネ・モーリス・ガットフォセ

・アロマテラピーはフランス語読み

・アロマセラピーは英語読み

・テラピーもセラピーも意味は同じ

・「治療」だからといって病気が治せるわけではない

いかがでしたか?

アロマの学びのお役に立てたら幸いです!

ここまでお読みいただきありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




レクタングル大




リンクユニット




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする