怒られるのが怖くて辛いを克服するための方法3つ!萎縮して話せない人はこの方法で。

こんにちは、なおです。

怒られることが怖い。

怒られることが辛くてストレス。

怒られると萎縮して話せなくなる。

そんな風に感じてしまうことはないでしょうか?

私も、人から怒られるということがとても苦手です。

このブログを読んでくれているということは、あなたのそうなのでは?

怖いですよね~、人から怒られるって・・・。

ましてや怒鳴られたりすると萎縮してしまって思考停止してしまいますよね。

私は、他人が怒られているのを見るだけでもドキドキします。

店員さんがクレーム受けていたりとか・・・。

職場によく怒鳴るタイプの上司がいたりすると、もうストレスが半端ないですよね。

若い頃パティシエをしていた時期があるのですが、

そこの上司がよく怒鳴るタイプで、先輩たちを毎日叱責していました。

そして私は、現実ではまだ怒られてもいないのに、怒られる夢を見て怯えていました(笑)

仕事でミスをして叱られるのは、社会人であればよくあることなんでしょうが、

そんな時は怒鳴らずに注意してくれればなって思ってしまいます。

でも、色んな人が集まる社会生活の中では、

そんな人と一緒に働かなきゃいけない場合もありますよね。

怒られることが怖すぎてストレスでどうにかなりそうなとき、

どんな風に考えていったらいいのかをまとめてみました!

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




怒られるのが怖い気持ちをどうにかしたいときの対処法

怒られると萎縮して、相手になにも言えなくなる。

そんな人は、まず気持ちの面から整えていってはどうでしょうか。

それにはこんな方法はいかがでしょうか?

①その怒りは相手ものであって、自分のではない

不思議な事に、

世の中には怒られても怒鳴られても、全然平気そうに見える人もいますよね。

こういう人たちって、おそらく

「相手の怒りは相手の物」

「この怒りは自分のものではない」と

他人と自分の境界線がはっきりと出来ているから、

相手の怒りに恐怖することも無いのかなって思います。

相手の怒りに振り回されないのですよね。

怒りは自然に湧いてくる感情のひとつと捉え、

でも、その処理はこっちがするものじゃなく、相手のもの・・・

相手の言ってる内容は受け止めても、

怒りまで受け止める必要はないと考えるのはどうでしょうか。

そしてもしかしたら、

相手が感情的にガーッと怒っているのは

あなたとは全然関係ないことが背景にあるかもしれないと、

考えるとどうでしょう?

たまたま別に嫌な事があったとか。

相手は相手で踏んだり蹴ったりな日だったとか。

なにか苦悩が深いのかもしれません。

でもそれをこちらがすべて引き受けることはないんですよ。

相手も自分の怒りを表現する権利はあるけど、

それをすべて自分のせいだと背負わなくてもいいと考えると、

少しは落ち着きませんか?

「相手にもいろいろあるんだろうな」って。

こんなふうに、相手と自分の感情は別物だと、常に意識できたらいいですね!

②昔のトラウマを探し原因を癒す

大人になっても「怒られるのが怖い」って小さい頃のトラウマも関係してくるようです。

厳しすぎる家庭で育ったとか。

怒鳴られて怖い思いをしたとか。

小さい頃の自分が恐怖したまま、傷ついたままだと、

傷が癒えるまで同じことで傷つくのだそうです。

私は幼い頃のことを考えてみると、親から直接怒られるということより、

3つ上の兄がよく怒られているのを見て、

次は自分の番じゃないか・・・と恐れていた記憶がありました。

それで怒られるのが怖くて、先回りしてたように思います。

兄が厳しく怒られているのを見るのが、怖かったんですよね。

その時の自分がまだブルブルなってるのかもしれないと思い、

自分に寄り添い「大丈夫、もう怖くないよ」と

言ってあげると、ちょっと温かい気持ちになりました。

あなたも過去に、

怒られる、怒鳴られるということで

何か怖い思いをしていませんか?

もし思い当たるなら、

今はもう無力な子供ではないあなたが、

子供のあなたにしっかり寄り添って

「大丈夫、大丈夫」と言ってあげてみて下さいね!

このワークは結構、私には効果大きかったです!

③怒られてもあなたの全てが否定されたわけじゃない

人からガーッって怒られると、

「もうダメだ」

「消えてしまいたい」

そんな風に思いつめることもありますよね。

私もそんな思考でしたから、お気持ちわかります。

それでも、これは言わせてくださいね。

人から怒られても、あなたの価値は何も変わりません。

あなたが「自分なんか存在しないほうが」と思っても、

あなたが存在してくれているだけで嬉しい人って周りにいるはずです。

親、兄弟、友達、仲間・・・

怒られて、「私は役立たずだ」とお嘆きでしたら、

そんなことは無いんです。

あなたは存在しているだけで役に立っていることを

どうか思い出してくださいね!

私にはそんな人いない!なんてことはどうか思わずに。

このブログを読んで下さっているあなたが、

私にはとても大切ですよーーー!!!\(^^)/

終わりに

知恵袋とか見てみると、

「怒られ慣れる」ことだという意見がチラホラ。

でも・・・正直これは嫌ですよね(;^ω^)

慣れることもあるかもしれませんが、

それって人それぞれなのかもと思ってしまいます。

怒られ慣れるまで、その環境に身を置かなくてもいいんですよ!

我慢し続けなくてもいいんです。

怒鳴る相手に、

堪忍袋の緒が切れたー!と言い返してもいいし、

その場から去ってもいいんです。

怒られ過ぎて落ち込んで何もやる気がしないなら、

トコトン自分の心に向き合ってあげて下さいね!

あなたに寄り添い後押しをくれる香りあります!

怒られることが怖くて萎縮しているあなたの、

心をほぐすことができますように♪

ここまでお読みいただきありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




レクタングル大




リンクユニット




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする