働き方や、働くことへの考え方はひとつじゃないという事。今、派遣で働いてます。

こんにちは、なおです。

令和初の投稿です!

日々書きたいトピックは生まれるんですが、なかなか思うように更新できませんでした。

元号まで変わってしまい、

消化不良なので、、

冒頭は、昨年から書きたかったトピックを、ちょっとタイトル風にだけしてみますね。

・アロマブレンドデザイナーの課題で「ヴェノム」をイメージした香りを作った!そのブレンド内容は?

・アベンジャーズのエンドゲーム、最高過ぎて2回劇場いった!ネタバレ感想!

・庭の夏ミカンの花の香りが天然ネロリで癒された!ネロリの精油について。

・アロマ香水のモニターさんからめっちゃくちゃ嬉しい感想がきた!

・ハンドメイドの精油ポーチ記事に「販売しないんですか?」っていう嬉しいコメントが付いたから販売しようかなと思った件!

・いまさら「ジョジョの奇妙な冒険」にハマって文庫50冊大人買いしてしまった!大人がハマる「ジョジョ」の魅力とは?

・・・あいかわらず、カオス。

なんだこのラインナップは・・と自分でも思います(笑)

香り系の記事あまりないやないかい。

だけど、タイトルにしてみただけで何かちょっと気が済んだかな(おい)

でも、いずれ書きたい気持ちはあるんですよ~

他にも、

平成最後になんか書こうかなとか、

令和の初日に何か書こうかなとか、

浮かんでは消え、浮かんでは力尽き・・・

気が付けばもう5月も半ば過ぎてますよ~~!!

そんなこんなでようやくPCに向かいました(笑)

今回は日記風になるのかな?

現在の、自分の働き方について、思うことがあり、

久々に投稿しようという気持ちになったのでこのチャンスを逃さず、

思うままに書いてみようと思います。

さてさて・・・

今年1月から派遣で働き始めています。

派遣で働こうとしてこうなったわけではなく、

なりゆきで働くことになりました。

今は

「自分の中の常識にとらわれない、自分にとっての一番いい働き方」を目指している・・・

そんな感じになってます。

自分のサービスで起業したい!

自分ひとりで仕事したい!

今はSNSの普及でそんなことを目指している方も多くいると思います。

で、実際にそうやって成功した人は、

その自由な生活を発信し、

それに憧れて「自分も!」となっている人もきっと多いですよね。

で、一代決心して仕事を辞めたものの、

どうしよう全然思ったように稼げない・・・ってなってしまっている人、いませんか?

はーい!

私だって、そんな人のなかの一人ですから~(笑)

私の場合は離婚だったので、仕事を辞めたわけではないですが、

安定した収入が途絶えるという点では同じですよね。

もし、これ読んでる人で、そんな人がいらっしゃるならば

「派遣で働く」という選択肢はいかがでしょうか?(という内容の記事になりそう!)

昨年一年間の振り返りをしてみると、

離婚を機に、

ブログや自分サービスの確立に向けて頑張った1年でありました。

しかし・・・

思った以上に離婚のダメージを引きずっている1年でもありました。

前の結婚生活の中で、自分のペースを保てなかった私は、

「もう誰にも、何にも縛られたくない」

「支配されたくない」

そんな気持ちがかなり強く、

ちょっとでも縛られている感じがすると、アレルギー反応のように拒絶するようになってました。

ちょっとそう感じたら、すぐシャッターを下ろしちゃう・・・みたいな。

人と交流することを避け、極力外に出ないようにもなりました。

ちょっとめんどくさい人になってたかもしれません・笑

(それもエネルギーを回復するためだったので、過去の自分を責めるつもりは全くなく、

必要な期間だったと思っています。)

それでも生きているとお金は必要なのですよね~。

必要最低限・・・。

以前から、フリーランスや自営業への憧れもあり、

自分ひとりで仕事をやってみたいという気持ちも確かにあったので、

離婚直後は、

ネットで完結できる仕事で生計を立てるんだ!と決意していましたし、

会社員として働いたら負けだ!とも思っていました(笑)

(人との関わりでこれ以上傷つきたくないという気持ちが、その時はどうしても、あったんですよね。)

で、がんばってブログを更新したり、

自分のサービスを立ち上げたり、

在宅ライターを経験してみたり、

ポイントサイトでちまちまをアンケートしてみたり、

FXや株の勉強してみたり、

メルカリやオークションで品物を売ったり、

自己アフィリでその場をしのいだり・・・・

と、まあ・・・

ほ、本当にいろいろやってたな・・・(笑)

情報を求めて、できそうなことを片っ端からやっていたのですけどね。

どんな仕事もそうですが、いきなりドカンと稼げるわけもなく・・・。

昨年12月にはわずかな蓄えも底をつき、

携帯代はおろか、来月には年金、保険料、住民税が払えないよ!!という、

社会人になってからというもの経験したことのないジリ貧状態になってしまったのです。

働いたら負けとか、そんなこと考えてる場合じゃない!!

切羽詰まった私は、当面の生活資金を得るために短期でバイトを探すことにしました。

で、バイトかと思って応募したら、

派遣会社の募集だった・・・ということで、

はじめて「派遣」という立場で仕事を経験することになりました。

いざ働いてみると派遣としての働き方って、

いいんじゃない?と!

今後の私の理想とする働き方の強力な味方になってくれそうで、

今の私にはぴったりだと思ったんですよね。

それから短期だったはずが、引き続き派遣のお仕事をしている今現在・・・というわけです。

一般的に派遣のメリットとしては、

「正社員のような責任の重さがない」とか、でしょうか。

まあ、働くうえではどんな仕事も責任はあると思うのですが、

それでも、あまり重要なポストに就くことはないのではないかと、勝手に思っています。

(もし重要ポジに就いている派遣さんいたらごめんなさい)

なので、精神的に気がラクでした。

あと事務の募集が多く、

飲食店やコンビニのバイトより若干ですが時給が良いように思います。

そして私が思うメリットの一つに「契約期間があること」が挙げられます。

派遣は同じ職場に3年しか居られないのですが、

これって一般的にはデメリットかもしれないけど、私はこれをいい方に考えてしまいます。

多少嫌な人間関係があっても、一生そこで消耗するわけではない思うと気が楽になりませんか?

ゴールが分かっていれば頑張れる気がします。

私の感覚がヘタレなのかもしれないけど(笑)

そして、一番のメリットは兼業してもOKだということ!

今は副業OKな会社も増えてきていますが、

まだまだ社員となると副業を禁止している会社も多いんじゃないでしょうか。

わたしが6年お世話になった会社も、私は契約社員だったにも関わらず、副業は禁止でしたから。

もらっているお給料以上、余裕資金を稼ぐということはできませんでした。

私は今後もブログを続けていきたいし、

自分のサービスも続けていきたいと考えています。

そう考えると、

特定の会社に就職するということは、

今後の可能性をつぶしてしまうということもあり、

私にはもう、気持ち的に無理なんですよね・・・。

そして、ブログや自分サービスは立ち上げるだけでなく最初の活動資金も要ります。

私は幸い実家にいさせてもらえているので、生活面は本当に助かっているのですが、

頼る場所が無い人は、

いきなりブログや自分サービスのみで安定収入を得て生活できることはまずありませんので、

他に収入減を持つことは本当に大切だと思います。

派遣の仕事って、そんな駆け出しブロガーやフリーの人にはとても都合が良い働き方だと思います。

それに自分のサービスを向上させるための学びにも、

まとまったお金は必要になることがありますよね。

私の場合はアロマテラピーの勉強です。

セラピストになるためには受講代がかかります。

私はもっとアロマテラピーや香りを通じて、

自己表現をしつつ、

ブログやネットも活用して人が喜ぶサービスをしたい!

そんな夢があります。

派遣という働き方は、そんな今の私のような、

稼げない時期のブロガーや自分サービス立ち上げ途上の人には、

ぴったりなんじゃないかと思っています。

わたしにとって、ジリ貧状態からの派遣のお仕事経験は、よいタイミングで訪れてくれました。

離婚がきっかけで、殻に閉じこもり、

稼ぐこともままならず、もう自分はダメかもしれない・・・と鬱々としていましたが。

ネットビジネスだけが本当に自分に合う働き方なのか?

人と交流することは、私にとって怖いことだったか?

社会で働くということは、私にとって怖いことだったか・・・?

そんな風に、

自分の心を問う、いいキッカケにもなりました。

そして、

人との交流はむしろ、好きだった

外で働くことも、嫌な事ばかりではなかった

派遣の仕事をして、そんなことを思い出すことができました。

社会生活の嫌な面に目を向けすぎていて、良かった点をすっかり忘れていました。

仕事のあと同僚と飲み会する楽しさとか、

阿吽の呼吸で仲間と仕事できた時の嬉しさとか。

派遣の仕事で久々に他人に交じって働くことをして、思い出しました。

そして、もう一つ。

この4月からフルタイムで久々に働くと、気付いたこともありました。

最初の1月~3月の期間は、

8~13時までという職場で働いていました。

短期契約で、しかも5時間だけの時短勤務です。

始めは「5時間だけの勤務なんてちょっと情けないかな・・・」なんて思っていました。

でも、その時間で働いてみると、

当たり前だけど、、

超~ラク!!(笑)

今までの人生でこんなに「ちょうどいい~~」と思いながら

日々を過ごしたことはありません。

社会で働く充実感を味わいつつ、

給料を頂くことができ、

帰ってきてから自分がしたいことをする気力も十分に残っている。

生活もめちゃくちゃ規則正しくなりました(笑)

そしてその時、以前挫折した簿記2級にチャレンジしよう!と思い立ったのですが、

帰ってから十分に勉強することができました。

(まあ落ちたけど不向きだったと悔いなく・笑)

趣味の裁縫をすることもできました。

ウォーキングや運動もしてました。

目標がブレブレだったので、ブログの更新は出来ませんでしたけども(笑)

ストレス発散に無駄遣いすることもなく、

5時間勤務だと、平日も休日も「何かをやる」という気力が十分に残っていたんですよねー。

これって私にとってはスゴイ発見でした。

それが、よりクッキリと分かったのは、この4月からフルタイムの職場で働き始めてからです。

帰ってきてから、まあ、ほんと、

何もできない!!(笑)

帰ってきたらテレビを見てなんとなく1日が終わる。

特に予定がない休日は、映画やドラマ、漫画を見て1日が終わる。

たまに買い物に出かけたら、

「ごほうび」とばかりにカフェでのランチや洋服で散財してしまう。

「何かを生み出す」ことや「自己表現」をする活動は、できない日々が当たり前。

だってそんな気力は平日に使い果たすから・・・。

そうそう、社会人になってからこんな感じで日々が過ぎてたな・と。

結婚、離婚の怒涛の日々でここ数年は忘れてましたけどね(笑)

私の中の常識では、

いい年した独身は社会の中で8時間以上は働くことが当然だと思っていました。

親も兄弟も、そうやって仕事してますし。

前の会社でのことですが、

「疲れるから」という理由で午前中のみの勤務を選択していた独身女子がいて、

若干「はぁ?」って感じていました。

子供がいるとか、介護があるとか、

然るべき理由もないのにラクして許せん!みたいなね・・・。

今となっては、そう思ってしまってた自分に窮屈さを感じてしまいます(笑)

彼女は自分の心と身体に、とても正直だったんですよね。

そんな彼女の正直さに、

私もとても疲れているのに、

日々ストレスと戦っているのに、

ラクしてしてズルイ!って気持ちがあったんだと思います。

とてもうらやましく思っていたんですよね~。

自分だって本当はクタクタになるまでやりたくないのに・・・。

いろんなことを経て、今思うのは、

何時間働こうと、

どんな仕事だろうと、

自分の心と身体にとって一番良い状態は、

常識でなく、自分の感覚で掴むものだということです。

自分をラクな状態にいさせてあげることは、ちっとも悪いことではないということです。

むしろそうしないと、

自分にとっての幸せには辿り着けないんですよね。

8時間働いて、ちょうどいい人もいると思います。

2時間働いて、キャパオーバーの人もいるかもしれません。

一人でフリーで働くことが得意な人、

組織の中で働くことが好きな人。

いろいろ、ありますよね。

いろいろな中から、自分が無理なくいれる環境を、自分の手で選ぶ自由があるんですよね。

誰かのライフスタイルに憧れて真似てみて、

自分に合わなければ変えたって全然アリで。

親や、誰か目線の幸せや成功を追いかけなくても大丈夫なんですよね。

自分独自の幸せの追求は、

世間の目とか気になるときもあって、ちょっと勇気がいることもありますが(;^ω^)

離婚したときもそうでしたが、

スモールステップで、自分にとっていい方向へ向かっていこうと思います。

契約期間までしばらくは8時間勤務を続けますが、

もう少し仕事に慣れてきたら余裕もできると思うので、

ストレスにならない範囲でのブログ発信や、アロマテラピーのお勉強も楽しみつつ、

いずれまた短い勤務に移行したいと思っています。

そして気力を整えながら、

土日中心のアロマサロンやハンドメイド商品の販売、

ブログ発信にももっと力を入れたりということを、

今後やっていきたいです。

働き方や、働くことへの考え方はひとつじゃない・・・ということを、

身をもって経験しています。

また書きますね。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




レクタングル大




リンクユニット




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット