芳香浴におすすめのアロマディフューザーやアロマランプって?選び方は?

こんにちは、なおです。

アロマを楽しむうえで、リラックスタイムに「芳香浴」は欠かせませんよね。

私は、普段はミストや香水で瞬発的に香って欲しいのですが、
夜のリラックスタイムなどには、ゆったりと香りが続くように芳香浴がしたくなります。

そんな感じで、空間に広がり長い時間香りを楽しめるのがアロマディフューザー
芳香拡散機とも言います。

今はネットショップでも雑貨屋さんでも、たくさんのタイプがありますので

結局、どんなタイプがいいの?と迷ってしまいますよね。

今回はそんなアロマディフューザーのタイプと、おすすめのタイプをご紹介します!

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




超音波式

超音波によって液体を細かい水滴にして放出するタイプです。水のタンクにオイルを入れて使います。

無印良品の店頭や、おしゃれな店とかでよく見かけますね。

機器自体が安価なので、手軽に購入できるのが利点です。

私は香りに興味がでてから一番最初に購入したのがこれでした。見た目もおしゃれだし、水蒸気がもくもく出てくるのも癒されました。

ただ、お手入れを小まめにしないとカビの温床になってしまいますので、掃除は小まめに行う必要があります。せっかく空気を浄化するアロマを入れても、逆に菌を撒き散らすことになってはもったいないですもんね。

あと、水蒸気が出るといっても、加湿器のミストとは出方が違うようで、加湿効果は狙えません。

アロマ初心者さんや、ちょっとだけ生活に香りを取り入れてみたい人におすすめ。

ネブライザー式

熱や水を使わず、空気の振動でオイルを微粒子状態にして拡散するタイプです。

水を使わないので、先ほどのタイプより衛生面は安心。

デメリットは手入れがしにくいのと、オイルの消費がメチャクチャ早いという点です。
あと、ちょっとコンプレッサーの音がうるさく感じるかも?

こちらはオイルの原液を入れて使うので、1~2滴ではあっという間になくなってしまうんですよね。
オイルの消費もそうですが、本体も高価なものが多いので、コスパ面ではあまりおすすめできないかなと思います。

私は2代目にこのタイプを買いましたが、上記の理由からあまり使わなくなって手放してしまいました(;^ω^)

最近はメカっぽい、こんなのもあるみたいですね。これは使ったことないので何とも言えないですが、やっぱり精油の消費が早そう~・・・教室とか、広い空間にはいいかもしれませんね。

キャンドル式

アロマ皿にオイルを垂らし、キャンドルで温まったアロマの香りが広がります。

100均とかでも手に入れやすいタイプです。

火の揺らめきって、不思議とずっと見ていても飽きないですよね。香りとの相乗効果で、癒し効果もアップしそうです。

ですが、キャンドル式のものを使う時は細心の注意が必要!!精油は引火しやすい物質だからです。
使用する場所は不安定な場所は避け、平らなテーブルなどにして下さい。窓辺に置いて使う時は、風でカーテンがかからないようにしてくださいね!

お子さんや動物がいる時は使わないようにし、寝るときも忘れずに火の始末をしましょう。

ロマンチックな演出が好きな人、大人な時間をゆっくり過ごしたい夜などにおすすめ!

ランプ式

皿にオイルを垂らして、ランプの熱で温めて香りを拡散させます。ランプ式の仕組みはキャンドル式の仕組みとだいたい同じです。

ランプの優しい明かりは夜リラックスするにもいいし、万が一寝てしまっても火の消し忘れが無いので安心できます。

こちらは直接コンセントにつけるタイプや、間接照明として使えるようなおしゃれなものもあります。

安全性・コスパ・手入れのしやすさで選ぶならランプ式がおすすめ!

今までいろいろなタイプのディフューザーを使ってきましたが、私のおすすめは「ランプ式」です!

その理由はこちら。

・芳香浴を安全に楽しむことができる
・経済的にも負担にならない
・掃除やお手入れもしやすい
・香りの広がりもキツクなく優しい

もちろんランプ式も熱を帯びるので注意は必要ですが、キャンドル式のものに比べるとずっと安全なのは明白ですよね!

私も実は、最近このタイプを買いました!!

アイキャッチ(冒頭の画像)にも載せてますが、購入したのはこちらです~

ベルガモットを夜のリラックスタイムに香らせてみました。

優しいランプの明かりとともに、ふわ~と優しく、長く香ります。

なかなか良い買い物をしました!

人へのプレゼントにも良いかもしれません♪

アロマディフューザー選びの参考になれば幸いです。

あなたのアロマの香りで素敵なリラックスタイムをお過ごしくださいね(^^)

また書きますね。

お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




レクタングル大




リンクユニット




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする