好きなコトを好きと言ったらバカにされるって思ってました。

こんにちは、なおです。

あなたは、自分の好きな物やコト、夢、興味のあることなど、

ためらいなく、人に話すことができますか?

先日のティートリーの記事でもちょっと触れたことなのですが↓

こんにちは、なおです。 最近、私が頻繁に使っている精油はティートリーです。 ティートリーといえば、殺菌・抗菌・抗真菌効果...

私には長らく「自分の好きなコトや物はバカにされる」という恐怖がありました。

同じ気持ちを抱えている人が、読んでくれたらいいなと思いつつ、

今日は私の自己開示のようなお話しです。

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




きっかけとなった出来事。

さかのぼること幼少期、

その頃の私は、

ピンク色、リボン、ドレス、魔法使い、妖精・・・そんな世界が大好きでした。

ミンキーモモやクリーミーマミが大好きで、魔法ステッキとか買ってもらってたなあ~(*´ω`)

ある日保育園で、折り紙か何かを選ぶとき、

「わたし、ピンク!」と、なんのためらいもなく言ったんですよね。

すると

「ピンクとか、ださぁ~い」って他の子の声がして・・・(;O;)

でそのあと、「黄色がいいよね~」みたいにコソコソ言ってる声が聴こえたので、

そっか、ピンクはダサいのか・・・とショックを受けてしまいました。

それからあまりピンクを選ばなくなってしまって。

選びたいけど、バカにされたら嫌だから、皆と同じ黄色にしよう!という感じでした。

そしてよく見ていた魔法少女のアニメも、

小さい頃は一緒にキャッキャッとごっこ遊びしていた友達は、どんどん魔法少女を卒業し、

いつの間にか、それが好きなことが「なんかダサい」ことになっていて・・・。

話題ふったら「え?まだそれ?」みたいな空気だったんですよね。

え!こないだ一緒に「変身よっ」つってたやん・・・( ゚Д゚)みたいな・笑

そして一番影響があったのが、

小学校6年~中学時代の思い出です。

この頃、私はアニメや漫画の世界が3度の飯より大好きで、

家に帰ったら絵を書いたり、録画したアニメを見たりしていました。

同じことが趣味の友達もいたので、割と楽しく漫画やアニメの話をして、

一緒に漫画を描いたりもしていたんですよね。

今考えると、部活よりなにより、それが一番楽しかった!

でも時々、他の同級生たちからネガティブな声が聞こえてくるんですよね。

「あいつら、オタク」って。

クスクスと、笑い声とともに。

そんな時は、何かわからないけど、とても、恥ずかしかった。

なので私は、

好きなアニメや漫画の話をしたり、絵を書くことって、恥ずかしいことなんだと

思い込んでしまいました。

そして、高校生になった私は、

中学時代の友達とも疎遠になり、

漫画やアニメが好きということは大っぴらに言わなくなり、絵も描かなくなりました。

ありがたいことに、高校時代はクラスメイトや部活の友達にも恵まれて、

カラオケにいったりショッピングに行ったり、

普通に充実した高校生活でした。

でも・・・

その頃、本当に好きだったことは、

家でのんびりと漫画を読むこと。

アニメを見ること。

たまに絵を描くこと。

少しだけ小説や詩も書いてました。

「本当に好きなことは言ったらバカにされる」

私が本当に好きな漫画やアニメの話は、その頃は誰にも話したことがありませんでした。

今思えば、

ピンク好きも

魔法少女好きも、

アニメや漫画が好きなことも、

何一つ、恥じることではないのに。

あの頃の私はといえば、

もうバカにされて恥ずかしい気持ちになりたくない、

友達にハブられたくない・・・

そんな気持ちだけだったと思います。

好きなことは好きと言った方がラクになる。

大人になってからも、私はなかなか人に、本当に好きなことを言えませんでした。

ダサい人と思われる

嫌われる

ひとりぼっち

こんな極端な図式が染みついていて(;^ω^)

やっぱり「人に嫌われたくない」という気持ちが根底にあったんですよね。

でもですね、それこそ

「好きでもないものを選び、他人の顔色をうかがって生きる」という

自分を大切にしていない、窮屈で退屈な生き方でした。

幼い頃は精神も未熟なので、

しょうがない部分もありますけどね。

でも人と同じじゃなくてもいいんだということを知ると、

好きなものは好き!と表現したほうが、

仲間ができたり、いい情報が入ってきたり、

いらない縁は消えてくれたり・・・といいことずくめなんだということが分かりますよね。

誹謗中傷したり笑ってくる人たちがもしいたら、ヒマ人とでも思っとけばいい・笑

私は人より成長ゆっくりなので、最近ようやく、

好きな事を好きといっても、恥ずかしいことじゃないんだと

思うことができるようになってきました。

好きな事や物以外にも、

「こういうことに興味があって勉強してる」

「こういう風になりたい」とか。

そういった気持ちって外に出すと、とても心が軽くなります。

例えば、今の私は、、

四十路なのに漫画好き(しかもハマるの少年漫画系ばっか)

起業しようとしている

スピリチュアルなことに興味ある

ヒィィー言っちゃった!!(;゚Д゚)

ちなみに最近ハマっているのは、スティール・ボール・ランていう漫画です♡

・・・はいでも、白状しますと、これらは大っぴらには言えてません!

一部の親しい人にはバレています・・・多分(;^ω^)

ですが、こうやって文字にするだけでも「外にだしてやった!」感で、気持ちが軽くなる実感があります。

今は、SNSやブログが誰でも簡単にできますよね。

一般的にはおかしいのかもしれない・・・

ちょっと変かもしれない・・・

でも好き!!!

そういったものこそ、

どんどん表現して「それ、イイね!」といってくれる人だけが残ってくれたら、

とても楽しいと思いませんか?

私は、そういう生き方に、徐々にシフトチェンジして行ってます。

このブログがとてもいい修行場になっていますので、

ブログやってよかったと思います。

今後も、私の恥部(と思っている部分)をいろいろさらけ出しつつ・笑

世界を作っていこうと思います。

お付き合いくださる方がいたらうれしいなあ。

また書きますね。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました(^^)

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




レクタングル大




リンクユニット




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする