実写版映画「アラジン」とジャスミンと殺虫剤の話

こんにちは、なおです。

実写版の映画「アラジン」観てきました。

アニメ版も好きで、実写になるとわかった時からワクワクしていたのですが、

予測をはるかに超える出来になっていました!!

どっぷり、アラビアンな雰囲気に包まれる色彩豊かな映像と、心躍る音楽!

実写大成功のウィル・スミスのジーニー!!

それらも、もちろんもちろん素晴らしかったですが、

今回私が心を鷲掴みされてしまったのが。。。

プリンセス・ジャスミン!!

ディズニープリンセスの姫たちの中でも好きなキャラクターでしたが、

実写のジャスミンが素敵すぎでした!

そして、その名の「ジャスミン」ですが、精油としての香りも

とても素晴らしいアロマです。

プリンセス・ジャスミンと、アロマのジャスミンには

実は共通点が多いのかも?と思ったので、

今宵は「ジャスミン」について語ってみたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




ジャスミンのスピーチレスは名曲

実写版のジャスミン役はナオミ・スコットさん。

年齢は当時で26歳とまだお若い女優さんです。

記憶に新しいところでマット・デイモン主演の「オデッセイ」で日本人役で出ていたらしいです。

そうだったか?覚えていないな~こんな美しい人でてたかしら(;´・ω・)

しかも日本人役?

今度チェックしてみよう。。。ま、それは置いといてw

エキゾチックなお顔立ちに極彩色のドレスがとっても映えて、

本当に美しすぎました~~(*´Д`)

そして、鳥肌総立ちだったのが、

「スピーチレス~心の声~」のシーンです!!

これホント、名曲だと思います!

以前「アナ雪」の主題歌で「let it go」が社会現象になるほど流行りましたよね。

あれは子供より、大人の心に響いた曲だったからと思います。

このジャスミンの歌も、大人の心を揺さぶる名曲になっています!

大人女性、ぜひ聴いて!聴いて!

敵の強力な魔法の前に、成すすべもなく、

味方は敵になり、父王も捕まり、

やはり女性は黙っているしかないのか、どうすることもできないのか・・・

と、ピンチに陥るシーン。

「もう、黙っていられない」

という内容の歌詞を、叫ぶように歌い上げるジャスミン。

その姿があまりに強く、勇敢で、気高くて。。

抑圧や逆境に、簡単に負けず、立ち向かう女性の強さが見事に表現されていて、

なんか、胸にグッと迫るものがありました。

もう帰ってから何回もyoutube見てしまいました(笑)

ホントね、

生活の中で、自分のこと犠牲にして、我慢ばっかりしている人はたくさんいると思うんです。

「そういうもんだから」

「それが常識だから」

そんな社会の中で育ってきて、

本当はなんか息苦しい、納得できない・・・と思いつつ、

何も言えない。

行動できない。

そこから外れることが怖いとか、不安のほうが勝るんですよね。

でも、そのまま黙っていても、状況は何も変わらない。

心の声をもっと聴いて、もっと自分の感覚を信じて!というメッセージが、

この力強いメロディーと歌声から伝わってきます。

私にはこの曲は、

何か納得できないものがあるなどの現状を打破する勇気が欲しいときの

応援歌に聞こえます。

アロマとしてのジャスミンについて。

香りの世界では、ジャスミンは「香りの王様」と言われています。

ちなみに女王はローズです。この二つをブレンドした香りは至福♡

男性性と女性性の両方のバランスをとる香りといわれています。

花束をもらった時に感じるようなフローラルな香りなんですが、

私がジャスミンの香りからいつも感じるのは、やっぱりどこか「力強さ」や「気高さ」といったこと。

官能的でありながら、気品が漂う風情。

お花の精油なのに、ナヨナヨしてない、というか(笑)

姫というより、国王陛下って感じなのです。

だから「香りの王様」っていうのはとてもしっくりきます。

多分、実写版を見た人はここまでお話するだけで、

ジャスミンの精油と、プリンセス・ジャスミンってぴったりやん!と思ってくれるはず。

ジャスミンのお花はとてもデリケート。

通常、香りを採取する水蒸気蒸留法という方法では取れないので溶剤を使って抽出します。

たくさんの花びらから少量しか抽出できないので、とても希少で高価な精油です。

見た目は可憐で繊細な白い花。

そのじつ、香りはとてもパワフル。

精神面のほうによく働きかけてくれ、

メンタルを強くしてくれる香りともいわれています。

時には戦ってでも、自分の気持ちを表現したほうがいい時もあります。

女性性ばかりが強いと、そういう時に流されてしまうかもしれません。

強さや勇気を出したい、自信を持ちたい。

そんな時に、王様みたいな風格をもつジャスミンのパワーを借りるといいかもしれません。

幸福感、高揚感を与えてくれるので、

自信がないことや欠乏感からくる不安などがある時に嗅いでみるといいですよ!

優雅で満ち足りた気分にさせてくれます♪

禁忌事項

・妊娠中は避ける
・高濃度での使用は頭痛や吐き気を促す可能性があります。
・香りが強いので少量を十分希釈して使ってください。

ジャスミンと殺虫剤

アラジンを見に行く直前に、行きつけの美容室に行ってきました。

仲良しの美容師Kさん(私と同じく香りが大好き同志です)とは、

いつも楽しく、いろんな話をします♪

その日は、ジャスミンに関するこんな興味深いお話を聞きました。

なんでも美容メーカーさんに聞いたお話らしいのですが、

「ジャスミンの香りは殺虫剤を連想させるそうで、日本人の人気低いみたいなんですって~」

え?そーなの?

殺虫剤ってそんなにいい香りやったかな?(゚Д゚)

私はあまりジャスミンから殺虫剤を連想しないんですけど、気になったので調べてみました。

すると、

殺虫剤の天然有効成分として使われる除虫菊(シロバナムシヨケギク)という植物があるのですが、

その植物がもつ有効成分の総称を「ピレスロイド」といって。

その中の一つに、、

「ジャスモリン」っていう殺虫に有効な成分があるのですが、

これがジャスミンの主な香り成分である「ジャスモン」と近い構成をしてるから

殺虫剤に使われる香りの中に、

ジャスミンのような香りが含まれていたということなんですね!

なるほど!納得!

もうすぐ夏本番なので、私も一個買って確かめてみようかな~

ちなみに、どの文献にもジャスミンのアロマに殺虫効果があるとかは見つけられなかったので、

ジャスミン精油で殺虫スプレーとか作るのは、効果ないんではないかと思われます。

てか高価な精油でわざわざ殺虫剤作らんよって話か(;^ω^)

アラジンのジャスミンに感動した話を書いていたら、

いつの間にか殺虫剤で締め(笑)

ではまた書きますね。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




レクタングル大




リンクユニット




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする