【精油】パチュリのアロマの効果効能!肌のアンチエイジングに香水に。美しく年を重ねる香り。

肌のアンチエイジングや香水のベースに欠かせないパチュリ。

特徴は「墨汁」のような香りで、東洋的なイメージの強い香りです。

香りが強いので使い方には注意が必要ですが、経年で香りが熟成する、上質なお酒みたいに付き合いたいアロマです!

そんなパチュリのプロフィールをまとめた記事です。

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




精油の基本情報

英語名 Patchouli 

学名 Pogosutemon cablin(ポゴステモン カブリン)

科名 シソ科

抽出部位 

抽出方法 水蒸気蒸留法

主成分 パチュリアルコール パチュレン クミンアルデヒド オイゲノール

主な産地 インド マレーシア パラグアイ

パチュリはどんな植物?

草丈1mほどの多年草で、日陰を好み、肥沃な土壌で育ちます。

葉っぱの状態では香りはしません。

葉を摘んで乾燥させて、さらに発酵させてから香りを蒸留します。

そう、洋酒の作り方と同じなんですよね。

なので、精油の中では珍しく「熟成する香り」なのです。

時間が経過したほうが、品質が上がり、豊かな香りになっていきます。

精油を持っている方は、使用期限が過ぎてしまっても、その香りの変化を楽しむために

3年、5年と、パチュリの香りの熟成を楽しんでみてはいかがでしょうか(^^)

パチュリ精油の効果効能

鎮静 催淫 うっ滞除去 血流促進 抗炎症 皮膚細胞活性 抗菌 抗ウィルス 昆虫忌避

パチュリはイライラした気持ちを静めて、不安を落ち着かせてくれる作用があります。

イライラやストレスからくる、ドカ食いの防止としても役立つ香り!

食欲を調整してくれると言われています。

ダイエットしたいときにハンカチやティッシュなどでプチ芳香浴をしてみてはいかがでしょうか?

体液の循環を良くしてくれる働きもあるので、

むくみやセルライト対策にセルフマッサージしたり、

冷えからくる足腰だるさなどにトリートメントするのもおすすめです。

お肌にとって嬉しいのが、しわやたるみに効果があるといわれていること!

皮膚細胞活性に期待できます!

香りが独特なので、他のスキンケアに良い精油の隠し味に入れるといいかも。

私は単体ではちょっと苦手なときもあるパチュリ。

ジャスミンやローズとのブレンドだと、化粧水・美容オイルとして抵抗なく、

至福のフェイシャルケアタイムを過ごせます♡

美魔女・・・とまではいかないくても、

美しく年齢を重ねていきたいですね~(^^)

そして、パチュリの香りは、大地や草木を思い起こさせる香りでもあります。

自然の香りって、私達に大きな安らぎを与えてくれますよね。

働きすぎて、頭も体も疲労困憊・・・という状態のときにパチュリを嗅ぐと、

「一旦、落ち着いて」と、

パチュリが慰めてくれるような気がします。

精神的には、頭でばかり考えすぎている状態から、

地に足をつけてグラウンディングを促してくれる香りといわれています。

バタバタと忙しい日々で、気持ばかりが焦っているような時ってありますよね。

そんな時には、試しにパチュリの香りを嗅いでみて下さい。

一旦落ち着いたら、案外、どんな出来事も、

「なんだ、大丈夫なんじゃん」って思えるかもしれませんよ!

パチュリ精油の注意点、禁忌など。

高濃度で使うと集中力の減退や、気分が悪くなることがあります。

また、香りが強くいつまでも残るので、使用量は少量ということに気を付けて下さい。

妊娠初期は作用を避けたほうがいいです。

中期~後期も使用量には注意して、体調をよく考慮してから使うようにしてくださいね!

精油はどんな香り?どんなイメージ?

墨汁の香りと表現されることが多い、スモーキーな香りです。

枯草のような、たき火を思わせるような、

どこか懐かしい感じもします。

よく、オリエンタルで東洋的・・・とも表現されてますが、

それはヨーロッパ側からみた東洋?インド?のイメ―ジではないでしょうか。

その昔、インドなどからヨーロッパへ輸出されるカシミア製品を、

パチュリの香りで防虫したという歴史があります。

虫除けにも使えるんですね、パチュリは。

タンスに入れると効果あるのかも?

香りが強いので(服が全部パチュリになるのは嫌だ!笑)

試したことはありませんが・・・(;^ω^)

パチュリを人でイメージしてみましたら、

人生を楽しんで生きてきた、魅力いっぱいのおばあちゃん

・・・といった感じが浮かびました。

一緒にいると、気持ちがほっこりするような。

そして、人生の楽しさを色々知っていて、時折それが垣間見える人。

パチュリが熟成するように、

年齢を重ねるごとに、人間としての美しさが際立って

「あーこんな風に年取れたら素敵だな」と思わずにはいられない、

素敵なおばあちゃんといったイメージが

思い浮かびましたよ(^^)

パチュリ精油と相性のいい組み合わせは?おすすめブレンドは?

香水の世界では欠かせないベースノート。

パチュリ単体では、ちょっと渋くて男性的な感じもするんですが、

意外にも、バニラやカカオなどと合わせると、甘さに奥深さを与えてくれる香りです。

グルマンノート(美味しそうな香り)の香水の傑作として知られる、

ティエリ・ミュグレ―の「エンジェル」というフレグランスがあります。

子供時代のお菓子の記憶とかがコンセプトのこのフレグランスは、

たっぷりのパチュリが決め手になっているのだとか。

精油のブレンドでも、

マンダリンやトンカビーンズ、ベンゾインなど

甘いものとブレンドすると、パチュリの思いがけない魅力に出会えるかもしれませんね!

パチュリに対応するチャクラは?

何といっても、グラウンディングの第一チャクラです。

グラウンディングとは地に足を付けること。

頭に上がり過ぎたエネルギーを足元に下ろす事です。

パチュリの効能としても、頭でばかり考えすぎる状態から気持を落ち着かせるといった効果がありました。

第一チャクラの活性には、大地と繫がり、大地のエネルギーを吸い上げるイメージワークをやる・・・という方法もあるんですよね。

パチュリは肥えた土地を好んで育つので、その大地の恵みがいっぱい詰まった植物です。

なのでパチュリは、大地のエネルギーを私達に届けてくれるともいえるのではないでしょうか。

第一チャクラのテーマは、グラウンディングといいましたが、

じゃあ、グラウンディングすることで何がいいの?ってこと。

それは、、

「豊かに、そして安心してこの世界を生きる」ということに繫がるんですよね。

地に足を付け、自分の肉体を意識し、今ココに意識をもってくる。

この世界は物質的な世界です。

その物質的なことを疎かにして、

先の分からないことに怯えたり、見えないものに囚われていたりしてると、

なかなか不安から抜け出せませんよね。

自分の身体、生活環境、お金のことも。

自分にとって快適で好ましく、豊かになるにはどうしたらいいか?ということに、

意識を向けて行動することで、

グラウンディングができていくのではないかな?と思います。

パチュリはそんなあなたの気持ちをサポートしてくれるのではないでしょうか。

↓こちらも良かったら読んで見てください。

こんにちは、なおです。 スピリチュアルなことを学びだすと「グラウンディング」という単語をよく目にするようになります。 もしスピリ...

年を重ねることによって魅力を増し、品質もあがるパチュリ精油は、

未来は輝いていることを教えてくれます。

例えばあなたが、やりたいことを我慢して年を取ったとします。

その時のあなたは、自分からみて魅力のある人になっているでしょうか?

先の事は誰にも分りませんが、

あなたが思い切って行動にでた先に、確実に待っているのは

「あなたが勇気をだして行動した経験」です。

人生の経験値をつめます。

パチュリのグラウンディングを借りて、ぜひ素敵な未来につながる今を生きてみてくださいね!

素敵な未来へ一歩踏み出すあなたへの香りを創ってます。もちろんパチュリも配合してます。こちらもぜひ↓

今よりもっと豊かになりたい。 好きな事で食べていきたい。 なりたい自分に、なりたい。 そんなあなたへの香り...

パチュリの逸話や情報が増えたら追記していきます。

では☆

スポンサーリンク
レクタングル大




リンクユニット




レクタングル大




リンクユニット




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする